【2016企業インタビュー】生活協同組合 共立社 (鶴岡市)

2016.3.23

学生ライターが地元企業を取材し、その魅力を発信していく【企業インタビュー】

今回は山形県鶴岡市にある「生活協同組合 共立社」さんにやってきました。

みなさんの中で COOP (コープ) で買い物をしたことがある人はいますか ?

共立社さんは COOP の運営をはじめ、「協同の力」で暮らしを良くしていくことを目的として様々な事業や活動をおこなっています。

 

自己紹介をお願いします

160317_seikatukyoudoukumiai_kyouritusya1

生活協同組合 共立社 代表理事・理事長の松本政裕です。出身は大阪で、山形大学 工学部 応用科学科を卒業しました。山形大学が日本で初めて化学繊維を作ったということで、興味を惹かれたのが山形へ来たきっかけでした。

入学後に先輩に誘われて共同購入委員になり、教科書の共同購入を手伝いました。進路を決める際にも同じく先輩に誘われ、山形大学の生活協同組合に入りそのまま14年間働いていました。

車に乗ることが好きで、昔は車にテントを積んで日本中を回っていました。当時はカーナビが無く、地図を頼りに巡っていたので方向感覚には自信がありますね。両親が兵庫県にいるので、今でも車で会いに行っています。

事業内容について教えてください

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya47

生活協同組合は、もともと消費者が自分たちの暮らしを良くしようと出資しあったことが始まりでした。活動開始時は6坪のお店と共同購入での食品と日常用品のみの扱いでした。今では時代の流れに合わせて COOPやこぴあなどの「店舗事業」とトラックで物品を配達する「宅配事業」をメインの事業としておこなっています。

また、商品を販売するだけでなく、病気や怪我などにかかった場合に助け合うための「共済」もおこなっており、協同の力で暮らしを良くすることを目的として事業展開をおこなっています。

職場の雰囲気について教えてください

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya18

社内外で様々な交流を持てる環境です。全国の生協に進んだ取り組みを学びに行くこともあれば、見学に来る場合もありますね。和気あいあいとした雰囲気で、知識を教え合ったり悩みの相談をし合う機会があります。

いろんな部署と仕事をしていくと交流が増えるので、視野が狭くならず、成長できる環境だと思います。

自己紹介をお願いします

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya1

共同購入部 鶴岡・酒田支部長の星川達 (ほしかわとおる) です。出身は鶴岡市で、鶴岡東高等学校を卒業しました。

小学校の頃からサッカーをしていて、社会人になってからもチームに所属しています。観ることも好きで、モンテディオ山形のことが大好きです。

休日の過ごし方を教えてください

遠出をすることが好きなので、県内や東北をはじめ様々なところへ出かけます。また、EXEILEも好きで、コンサートを目当てに5大都市を回っています(笑)

入社の経緯を教えてください

地元に貢献したいという思いを小さい頃から持っていて、鶴岡にある共立社へ入ることを決めました。本当は言わないほうがいいのですが、面接の時に「地域に残りたいので異動は嫌です」とはっきり伝えたところ、運良く採用していただきました(笑)

職場の雰囲気について教えてください

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya7

最初は自分より年上の人が多く、戸惑うこともありました。しかし、頼れる先輩が多く、たくさんサポートしていただきました。

職員同士がコミュニケーションを気さくにとることができる、明るい職場だと思います。20歳前後から60代まで幅広い年代の人が一緒に働いており、互いを尊重し合う雰囲気ですね。飲み会などではその人の良いところを褒め合ったりしています。

担当の仕事について教えてください

160311_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya50

今は鶴岡・酒田支部長として、配達サービスの利用者さんを伸ばすことに取り組んでいます。そのためには、単なる配達だけでなく「体調はどうですか ? 」といったお声がけをするなどの気配りを忘れないよう職員に伝えています。

そうした中で、職員が利用者さんから褒められたときはその人の成長を感じて嬉しくなりますね。特に若い人たちが伸びてきているのが嬉しくて仕方がないです。

一方、職員にとってより良い職場環境を作り出すことにも力を入れています。残業など職員の負担を少しでも減らせるよう、作業内容の改善などを考え実施しています。

自己紹介をお願いします

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya36

鶴岡協同の家こぴあ センター長の後藤慎 (ごとう しん) です。出身は鶴岡市で、庄内農業高校 総合農業科を卒業しました。

高校では農業科ということで、鶴岡の特産品であるだだちゃ豆を育てたり、豚の丸焼きを作ったりしていました。

休日の過ごし方を教えてください

リフレッシュのために、毎週温泉に行っています。おすすめは羽黒にあるゆぽかという温泉で、そこにある山伏ラーメンもとても美味しいのでよく行っています。

鶴岡で生まれ育ったためか釣りが趣味で、仕事仲間と一緒に行ったりもしています。休みの日を合わせて新潟や青森などに遠征に行くこともありますね。

入社の経緯を教えてください

高校1年の春から、地元にある生活協同組合のセンターでアルバイトをしていました。ある日職員さんに勧められ、試験を受けたことがきっかけで入りました。

卒業まで毎日働いていて、買い物にいらっしゃる地域の方に声を掛けられたり、こだわっていた商品の陳列を職員さんに認められることが楽しかったですね。

職場の雰囲気を教えてください

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya49

いろいろな世代の人が一緒に働いていて、例えば18歳の職員が親くらいの年の人に教えていたりします。不思議だなと思いつつもその空間が楽しいですね。

また、同じ趣味の人で釣りやゴルフをしていたり、女性職員は女子会を開いていたりと仲がいい職場だと思います。

担当の仕事について教えてください

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya39

センター長として、利用者さんとお店との間に立って課題を解決する仕事をしています。例えば買い物に来られた利用者さんから「こういう商品を扱ってほしい」「場所をわかりやすくしてほしい」といった要望を聞き、改善をおこなっています。

その結果が実り、「ありがとう」と言われるととても嬉しく、仕事のやりがいになっていますね。

また、もともと人前で話すことは苦手だったのですが、利用者さんや職員とのコミュニケーションを重ねていくうちに克服できるようになりました。今まで取り組んできた仕事が自分を成長させてくれたと感じますね。

キャリアイメージについて教えてください

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya28

最初は、初任者研修として生活協同組合全体について学んでもらいます。その後は COOP の各店舗か、共同購入での宅配業務のどちらかに入り経験を積んでいただきます。店舗で働く仕事、後方で仕入れ企画に携わる仕事など、適性に合わせてキャリアアップしていきます。

基本的には異動をして県内全域で働いてもらいたいと思っていますが、特定の地域にこだわりを持っている人だったり、夫婦で働いている人もいるので、そこは希望を考慮するようにしています。

今後の展望について教えてください

社会は高齢化が進み、地域は様々な課題を抱えています。そうした中、今住んでいる所に住み続けたいという人の気持ちにどう答えていけるかを私たちは考えています。それに答えていくには、共立社だけでできることとできないことがあります。

できることをいかにより良く実施していくかを考えると同時に、できないことを同じ協同組合の仲間や、他の生活協同組合とどう解決していくかを考えなければいけません。地域の人達が、同じ場所で暮らし続けられるためにできることを考えていきたいと思っています。

求める人物像を教えてください

まずは自分で考えて、自分で動ける力を持ってほしいと思います。自分のできることや特技は何なのかを理解し、それを発揮できることが大切です。

また、人と協力できる人であってほしいと思います。人と人とが密接に関わる職場なので、自分の殻に閉じこもるだけでなく、他の人と一緒にやっていける人であってほしいですね。

就活生にメッセージをお願いします

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya24

今は売り手市場で、昔にはないチャンスがあると思います。学校の勉強は専門化していて視野が狭くなりがちですが、いろんなものを見て視野を広げてもらいつつ、自分で判断できる目をしっかりと持って欲しいです。

また、やりたいことと将来の希望を照らし合わせて、自分が一番成長できる場所を考えてほしいですね。短期の条件で考えず、今後どうなっていくのかという視点を持つと良いと思います。

インタビューを終えて

1603011_seikatukyoudoukumiai_kyoritusya34

生活協同組合 共立社さんは、協同の力で暮らしを良くすることを目的に、店舗事業や共同購入などを通して地域に住んでいる人たちの暮らしを支えていることがわかりました。

一つ一つの質問に明るく答えていただき、人との関わりを大切にするという姿勢をインタビューの中でも強く感じました。

「生活協同組合 共立社」の皆さん、ありがとうございました!

ライター : 東北芸術工科大学2年 久保昇也

「生活協同組合 共立社」さんの説明会・職場見学会情報

▼企業説明会

・2016年4月2日(土)  仙台ゼビオアリーナ

・2016年4月12日(火)  仙台国際センター

・2016年4月14日(木)  山形大学小白川キャンパス

・2016年4月28日(日)  山形テルサ

・2016年5月21日(土) 東北芸術工科大学

・2016年5月24日(火) 東北学院大学

▼職場見学会

・2016年4月29日(金) 11:00~ 生活協同組合 共立社

・2016年5月6日(木) 11:00~ 生活協同組合 共立社

▼職場見学会申込先

総務部 : 0235-22-5110

※ 職場見学会への参加には事前申し込みが必要になります。まずは、電話にてお問い合わせ下さい。

詳しくは、企業ホームページをご確認ください。

生活協同組合共立社バナー
151206other_company

この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ