【学生インタビュー93】東北芸術工科大学 洋画コース2年 佐藤元気

2016.3.2

“気になるあの人は何をしているんだろう”

学生インタビュー93人目は、東北芸術工科大学 洋画コース2年の佐藤元気さんです。

幅広いジャンルの音楽に詳しい佐藤さん。彼の作品や将来の夢について聞いてみました!

自己紹介

東北芸術工科大学 洋画コース2年の佐藤元気です。趣味は音楽を聞くことで、気に入った曲のCDを買い集めるのが好きです。ロックやポップスの中でも、歌謡曲やハードロック、テクノまで様々なジャンルの曲を聞きますね。曲の年代も、古いものから最近のものまで幅広く聞きます。

芸工大を志望した理由を教えてください

160227_satougenki5

高校の先生の影響です。美術教師になるために、美大への進学を希望しました。

一時は親の反対もあり美大への進学を諦めていたのですが、進路選択のときに親を説得する決意をします。説得の結果、入試が始まる間近で、親に理解をしてもらえました。

この大学を志望した理由は、入試期間ギリギリで美大への進学を決断したため、受験できる学校が芸工大だけだったからです。

しかしその結果、今もこうして美術教師になるという夢を追い続けることができているので、この学校へ進んでよかったと感じています。

先生はどんな方でしたか?

その先生は、天真爛漫でトラブルメーカーでもあったのですが、人から信頼されるとても頼りになる方でした。この先生の影響で、僕は美術の先生を目指すようになりました。

夜中に僕たちと一緒にドライブに行ったり、軽トラの荷台に生徒を乗せてくれたりもしました。今考えるとちょっと危ないですが(笑)

僕にとって先生は、親友のようでもあり、お兄さん、お父さんのような存在でもあります。 

授業で学んでいることは何ですか?

美術の授業の中では、美術を油絵という分野だけでなく、様々な視点から見ることを学んでいます。油絵以外の素材を使った作品作りだったり、教育という視点から見た美術について考えています。

教育に関する授業の中では、自分が知らなかった社会の問題について学んでいます。教育の問題は、人間の根本的な問題に根づいているのだということを、より感じるようになりました。

教育の授業では、子供に何かを教えることだけでなく、人間が生きていくうえで大切なことを学んでいるのだと思います。

これらの授業を学んでいくにつれて、自分の知識不足も感じるようになりました。授業で得られる知識だけに頼らず、自分から積極的に勉強をしていきたいです。

大学生活で力を入れていることは何ですか?

160227_satougenki4

作品の制作に力を入れています。作品に向き合うことが、自分自身に向き合うことにも繋がります。なので必死に作品について考えることが、自分が今やるべきことなのだと感じますね。

人との付き合いも大切にしています。人からの誘いや活動には、できるだけ参加するよう心がけていますね。

佐藤さんの作品のテーマについて教えてください

160227_S__62119945

抽象的な表現と、具象的な表現という2つのテーマの間で揺れています。

僕の考える抽象的な表現というのは、「感覚や直感を大切にすること」ですね。ものの形にとらわれすぎずに、自分の感性を交えながら表現することです。

一方具象的な表現は、「自分の思い入れのある大切なものを、見たまま素直に表現すること」と考えています。

僕の理想は、どちらの表現も使えるようになることです。僕はどっちつかずで、なかなか1つを選ぶことができない性格なので、どちらのテーマでも作品を作っていけるようになりたいですね。

いくつかの選択肢があった時、どれか1つだけを選ぶのではなく、どの選択肢も好きでいたい。きっとそれぞれにいいところがあると思うのです。

この考え方が、幅広いジャンル・年代の音楽が好きな理由にもなっているのかもしれません。

今はどんな作品を作っていますか?

160227_satougenki3

今は具象的な表現を使って作品を作っています。今自分が大切にしたい人を、見たままの形で作品にしていますね。大切な人を愛しいと思う気持ちを、作品として残しておきたいのです。

表現の手法にとらわれず、本当に大切なものを、本気で作品にしていくことが、今の自分がやりたいことなのだと思います。

将来はどんな先生になりたいですか?

160227_satougenki2

高校時代、先生と過ごした学校生活は僕にとってとても居心地がよく、かけがえのない時間でした。なので僕も、生徒にいいなと思ってもらえるような環境を作っていける先生になりたいです。

いい教師を目指しながらも、型にとらわれずに、いろいろなことをやっていきたいですね。

おまけ オススメのお店を教えて下さい

ミュージック昭和というレコードショップがおすすめです。お店の人の個性が感じられるような品揃えが好きです。音楽に興味のある方はぜひ行ってみてください。

ライター : つくねちゃん

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー82】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科2年 佐藤響
【学生インタビュー82】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科2年 佐藤響
【学生インタビュー83】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 五十嵐翔
【学生インタビュー83】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 五十嵐翔
【学生インタビュー86】東北芸術工科大学 洋画コース3年 小林知世
【学生インタビュー86】東北芸術工科大学 洋画コース3年 小林知世
この記事を書いた人
つくねちゃん
毎日眠いです。

アクセスランキング

おすすめまとめ