【2016企業インタビュー】株式会社KDDIエボルバ やまがたワークプレイス (山形市)

2016.3.14

学生ライターが地元企業を取材し、その魅力を発信していく【企業インタビュー】

今回は「第1回ナツクサcafe」にも参加いただいた「株式会社KDDIエボルバ やまがたワークプレイス」さんにやってきました。

【リポート】第1回ナツクサcafe 〜 学生 × 企業《スーツ禁止》の交流会 in 山形市 〜
【リポート】第1回ナツクサcafe 〜 学生 × 企業《スーツ禁止》の交流会 in 山形市 〜

KDDIエボルバさんは、蔵王連峰や山形市内を一望できる「蔵王みはらしの丘」にあります。

160314_kddievolva2

親会社であるKDDIをはじめ、様々な一般企業や官公庁のコールセンター業務を請け負っている会社さんです。

自己紹介をお願いします

160314_kddievolva3

株式会社KDDIエボルバ 山形センター 運用2本部 運用1G グループリーダーの野口亮です。出身は北海道の池田町です。

趣味は「北海道には無いもの探し」です(笑)。その土地にある「古い建物」「文化」「食べ物」を楽しむのが好きです。花笠まつりを見に行ったり、冷たい肉そばを食べたりと山形を満喫しています。

入社の経緯を教えてください

新卒でKDDIエボルバに入ったわけではなく、1社目は大学時代に接客・販売のアルバイトをしていたことから、家電量販店に就職しました。

その後キャリアアップのため、KDDIエボルバに転職しました。KDDIグループという安心感があること、ホームページに書かれた内容に共感したことに加え、偶然にも1社目の先輩が転職しており、事前に職場の雰囲気を知れたことが、入社を後押ししました。

事業内容を教えてください

160314_kddievolva4

当社の主な事業内容は「コールセンター業務」です。親会社であるKDDIをはじめ、様々な一般企業に対する問い合わせ対応や、官公庁から依頼されるリサーチなどの仕事をおこなっています。

通話時間も1分で済むものもあれば、15分話すものもあります。扱う内容も多岐にわたり、時期によって変化します。メーカーの具体的な製品から、IT技術、行政サービスに関することまで、幅広い分野に対応できるよう、毎回丁寧な研修をおこないます。

電話対応をする人はコミュニケーターと呼ばれます。キャリアアップすると、リーダーとなり、コミュニケーターをサポートする仕事をしていきます。さらにスーパーバイザーになると、研修の内容から、電話対応マニュアルの作成、業務を発注した会社への報告など、全体をマネジメントする仕事をおこないます。

会社の雰囲気について教えてください

160314_kddievolva5

やまがたワークプレイスは、「働きやすさを最重要視したセンター」をコンセプトに、社員の声をもとに設計した当社初の自社ビルです。

長く働ける職場にするために、休憩スペースや社員食堂などの施設を充実させました。また、ハロウィンイベントや、ビュッフェ形式のパーティーをおこなうなど、社員同士が交流できる機会を作っています。

また、社員それぞれのライフスタイルに合わせた勤務時間を設定できるなど、多様な働き方を選べるようにしています。例えば、小さな子供のいるお母さんは4~5時間の短い時間で働いていもらっています。

自己紹介をお願いします

160314_kddievolva6

株式会社KDDIエボルバ 山形センター  スーパーバイザーの辰巳 七瀬です。出身は大阪で、短大では観光について学んでいました。

はじめは、大阪弁と山形弁の違いにとまどいコミュニケーションに苦労した時もありましたが、最近では、親しくなった社員同士でスノーボードをしたり、週末にご飯を食べに行ったりと山形を満喫しています。

入社の経緯を教えてください

KDDIエボルバに入社したいと思った理由は、説明会での第一印象がとても良かったからです。会社はきれいですし、対応も丁寧でした。社員の方の笑顔で働く姿を見て「自分もこうなりたい」と思いました。

説明会を受け、それまで漠然としていた、コールセンターについての理解が深まりました。そして、話すことが好きな自分の性格を活かせると考え、入社しました。

会社の雰囲気を教えてください

160314_kddievolva7

最初の配属先は大阪で、入社直後は右も左もわかりませんでした。しかし、先輩や上司の方が積極的に話しかけてくれたり、ランチや飲み会に誘ってくれたおかげで、仕事でもスムーズにコミュニケーションをおこなえるようになりました。

「やまがたワークプレイス」に来た当初は、大阪とは異なる山形の県民性を感じました。一緒に仕事をこなしたり、ランチを一緒に食べたりする中で、次第に打ち解けることができました。また、休憩できるスペースがたくさんあり、オンオフがはっきりとある環境なので、早く慣れることができました。

担当の仕事ついて教えてください

160314_kddievolva8

スーパーバイザーは、コミュニケーター(電話の対応をする人)をマネジメントすることが主な仕事です。当社では、コミュニケーター100人に対して、スーパーバイザーは5名ほどいます。それぞれ、職場環境の改善、コミュニケーターの方のシフト管理、クライアント対応など役割を分けて仕事をしています。

スーパーバイザーになると部下を持つことになります。時には、自分の親世代の人に指示を出したり、価値観の違う人同士の意見を取りまとめたりしなければなりません。しかし、スーパーバイザー全員で課題を共有し、フォローし合いながら、1つの仕事を達成したときは、とてもやりがいを感じます。

また、全員が気持ちよく働けるように、マニュアルを作ることも重要な仕事です。コミュニケーターの方が困ることがないように、先手先手を考えた行動が求められるので計画性も身に付きました。

自己紹介をお願いします

160314_kddievolva9

株式会社KDDIエボルバ 山形センター リーダーの小川琴絵です。出身は山形県の天童市です。休日は、今まで続けてきたバドミントンをしたり、邦楽ロックのライブに行ったりして過ごしています。

入社の経緯を教えてください

山形の短大で学んだ後、関東の大学に編入し、就職を機にUターンとして山形に戻ってきました。事務職を探していたとき、ハローワークの方から「あなたに合う会社がある」と紹介されたのがKDDIエボルバでした。

説明会の際に、きれいな職場環境を見て「私もここで働きたい」と思いました。また、入社前に包み隠さず職場を見せてくれたので、安心して選考を受けることができました。

会社の雰囲気を教えてください

160314_kddievolva10

説明会に来た時、社員の方が笑顔で挨拶をしてくれて、とてもフレンドリーな雰囲気でした。今は私が社員の立場ですが、来客の方へはもちろんのこと、部署が違うスタッフにも欠かさず挨拶をおこなっています。

フレンドリーな雰囲気は、実際の業務中でも同じです。わからないことや、判断に困ることがあればすぐに質問をしたり、意見提案しやすい環境です。

また、社員食堂で一緒にご飯を食べたり、休憩時間に話をしたりと社員同士の交流は活発です。休日は部署を問わず、趣味の合う人同士でフットサルやスノーボードを楽しんでいます。

担当の仕事について教えてください

160314_kddievolva11

私はリーダーという役割で、コミュニケーターのサポートをおこなっています。コミュニケーターが困ったときに、アドバイスやフォローをしたり、電話対応のフィードバックをする仕事です。

リーダーに就任して3か月ほどですが、コミュニケーションの大切さを感じています。リーダーとして、様々な年代の個性豊かなコミュニケーターに接します。その際は、相手の意見を丁寧に聞いたり、会話のなかに方言を交えたりと、工夫して業務をおこなっています。

リーダーとして、みんなに頼られる存在になるように、これからも頑張っていきたいと思います。

キャリアイメージについて教えてください

160314_kddievolva12

大卒や短大卒の方のキャリアイメージは、入社してから2週間ほどの研修からはじまります。研修ではビジネスマナーや、コールセンター特有の情報セキュリティーなど、業務に必要な基本的な知識を学びます。

研修が終わるとコミュニケーターとして約1年間、電話を取り仕事を覚えてもらいます。経験を積むと、コミュニケーターに仕事を教えたり、サポートする「リーダー」にキャリアアップします。一律のタイミングではありませんが、数年業務を経験した後、「スーパーバイザー」として活躍していただきます。

「スーパーバイザー」はコールセンター全体を管理・設計する仕事です。クライアントとのやり取りもあり大変ではありますが、仕事をゼロから作っていく面白さがあります。

今後の展望について教えてください

160314_kddievolva13

今後の「KDDIエボルバ」では、2つの将来像を持っています。

1つ目は、「働きやすい環境を作っていくこと」です。そのために、社員同士の交流のきっかけを増やしたり、ワークライフバランスを考えた多様な働き方を提供していきます。

2つ目は、県内外問わず、「様々な企業からのお仕事を増やしていくこと」です。これを実現するために、社員と一丸となり、しっかりと実績を積み上げていきたいと思います。

求める人物像を教えてください

160314_kddievolva14

まず、業務の中心が人と話すことなので、喋ることが苦ではないということが重要です。

また業務では、お問い合わせ内容に答えるだけでなく、難しい対応などもあるので、自分で気持ちを切り替えられる前向きさも必要になってきます。

さらに、リーダーやスーパーバイザーになると、自分だけではなく人を管理することが求められます。コミュニケーターの意見や要望を聞きつつ、先回りして仕事をすることが求められます。

就活生にメッセージをお願いします

160314_kddievolva15

大切なのは、本当にその会社に入りたいと思っているのかということです。その会社の理念であったり、業務内容をどれだけ知っているのか。その会社はどういう業界にあるのか。最低限の業界知識用語を学ぶことも大切ですね。

また、入社して5年後、10年後のイメージを持つことも重要です。内定をもらうためにどうするのかというよりも、就職した後に自分はどうなりたいのかという視点をもって企業を選んでみてください。

就活では業界や職種の選択肢は無限にあります。このチャンスを逃さないように、よく調べて就活を楽しんでください!

インタビューを終えて

160314_kddievolva16

「働きやすさを最重要視する」という理念のもと、長く働ける職場づくりやライフスタイルに合わせた多様な働き方を大切にしている「KDDI エボルバ」さん。

インタビューを通して、皆さんのいきいきとした表情仕事に対する前向きな姿勢を強く感じました。

「KDDIエボルバ」の皆さん、どうもありがとうございました!

ライター : 東北芸術工科大学4年 小笠原 裕一

「株式会社 KDDIエボルバ」さんの説明会情報

▼場所

KDDIエボルバ やまがたワークプレイス (山形市)

▼日時

・3/17 (木) 13:00〜15:30

・3/24 (木) 13:00〜15:30

・3/28 (月) 13:00〜15:30

▼連絡先

023-600-0301 (0120-996-954)

担当者 : 鬼頭、吉田
※ 説明会への参加希望者は、事前に申込みが必要となります。まずは、お電話にて問合せください。

詳しくは、公式ホームページをご確認ください。

株式会社 KDDIエボルババナー 151206other_company
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ