【学生インタビュー83】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 五十嵐翔

2016.2.17

“気になるあの人は何をしているんだろう?”

学生インタビュー82人目は、東北芸術工科大学 企画構想学科3年の五十嵐翔さんです。

山形の魅力を伝えるWebメディアの副編集長をしてる彼の経験や、将来の夢について聞いてきました!

自己紹介

東北芸術工科大学 企画構想学科3年の五十嵐翔です。「やまがたごえん」という、山形の魅力を発信するWebメディアの副編集長を務めています。

やまがたごえんとは?

160215_yamagatagoen

画像は http://yamagata-goen.net より

やまがたごえんとは、山形へのIJUターンを促進するために立ち上げられた、山形の魅力を発信する情報サイトです。山形のイベント、有名な食べ物など、生活に密着した情報を発信しています。モノだけでなく、山形の魅力的な「ヒト」を紹介して、山形に住みたくなるようなコンテンツをつくっています。

企画構想学科の教授である松村茂先生のゼミの活動の一環として、3年生が主体となって記事の企画・執筆をしています。4月から積極的にコンテンツを発信していこうと思っています。

なぜ松村ゼミに入ろうと思ったのですか?

今は変わってしまったのですが、将来、私は起業しようと思っていたんですね。それで、起業に関する知識が学べる松村ゼミに入りました。やまがたごえんをやっているのも、Webに特化した起業をしたくて、その勉強をしたかったというのがあります。

ゼミで学んだことは?

160214_igarasisyou4

やまがたごえんをやっていく中で、Webの知識が増えたのと、文章力がついたのがいちばんですね。いままでの自分の文章は、一文が長かったり写真が少なかったりしたのですが、記事を書いていくうちに一文を簡潔にしたり、適度に写真を入れて見やすくすることができるようになりました。

自分が書いた中で、いちばんのオススメ記事は?

【六根浄】へ取材にいってきました!の記事ですね。店主の熊谷さんの酒造りに対する思いが聞けて、とても面白いインタビュー記事になったと思います。昔書いた記事でまだまだ未熟なところも多いのですが、面白い方との出会いがあったのでとても印象に残っています。

将来の夢は?

160214_igarasisyou3

新しいものを創りあげたいという気持ちが強いので、ベンチャー企業に就職して自分の可能性に挑戦したいですね。やまがたごえんでこれからも取材活動はしていくので、いまのうちに山形の大人たちの仕事への誇りや思いをインタビューを通して知っていきたいです。

最後に一言!

160214_igarasisyou5

IJUターンに特化したサイトではありますが、山形の美味しいお店やおしゃれな喫茶店も紹介しています。大学生の方々もぜひ「やまがたごえん」を見てみてください!

おまけ オススメのお店を教えて下さい

ドルチェという村山市にあるカフェがオススメです。木造でこぢんまりとした店内が、とても落ち着くのでお気にいりです。

ライター : たーかぎー

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー56】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 片平圭亮
【学生インタビュー56】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 片平圭亮
【学生インタビュー16】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 渡邉考宜
【学生インタビュー16】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 渡邉考宜
【お悩み相談8】芸工大デザイン工学部に「リア充」が多いのはなぜ? (21歳女性)
【お悩み相談8】芸工大デザイン工学部に「リア充」が多いのはなぜ? (21歳女性)
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ