【学生インタビュー72】東北芸術工科大学 映像学科3年 長沼涼花

2016.1.26

”気になるあの人は何をしているんだろう?”

学生インタビュー72人目は、東北芸術工科大学 映像学科3年の長沼涼花さんです。

長沼さんは、先日おこなわれた「映像学科 3年展 EiiiZO!」の展示代表をされていたそうです。それでは聞いていきましょう!

自己紹介

東北芸術工科大学 映像学科3年の長沼涼花です。特にこれといった趣味はありませんが、気分でいろんなものに手を出してしまいます。芸工大AO入試前の話ですが、ジャグリングにはまっていました。

また、ついこの前まで開催されていた「映像学科 3年展 EiiiZO!」の展示代表をやっています。他には代表や広報代表などがいますが、私は使用施設の申請を出したり、展示のレイアウトを決めるたりしました。

映像学科に入ったきっかけについて教えてください。

160125_naganumasuzuka7

中学校の時に、芸工大の「卒業/修了研究・制作展」に来たのがきっかけです。卒業/修了研究・制作展では、先輩方のクオリティーが高さに圧倒されました。高校生になってからも、希望進路の一つとして芸工大を目標とすることになります。

高校生に進学してからは、漠然と芸工大に行きたいと思っていました。芸工大はたくさんの学科があるので、当時は選べなかったのです。しかし、昔からアニメーションが好きだったというのと、オープンキャンパスで学ぶ内容に魅力を感じたので映像学科を志望しました。

今はどんなことを勉強や活動をしていますか?

3年生の後期は、「映像学科 3年展 EiiiZO!」 のために作品作りをしていました。今まで学んだ技術と感性が問われるものだったので苦労しました。

また、就活がはじまるので、今まで勉強したことを振り返っています。CG関係の仕事に就きたいとは思っていますが、ピンポイントで行きたい会社が決まっていないので、これから調べてたいと思います。

映像学科 3年展 EiiiZO! について教えてください

160125_naganumasuzuka8

私は今回、牛をテーマにしたCG作品を作りました。なぜ牛かというと、「言葉を話せない動物を使って、人間の主義主張を語らせよう」という考えが世の中にあることに疑問を感じたからです。

また、テレビで牛を見たときに純粋に魅かれたのも選んだ理由です。いいと感じたものを作品にし、モチーフについての考えを深めていければと思っています。

展示代表としては、様々な面で気付きがありました。特に自分自身に関しては、チャンスを前にしても動けなかったり、的確な指示ができなかったりと、悔やむべき点が多々あります。

しかし、来年の卒展での作品制作に対する意欲にはなりました。今回の展示を経験したからこそ、先への見通しがつきますし、ある程度余裕を持って動けると感じました。

作品を作る時に気を付けていることはありますか?

160125_naganumasuzuka5

目的を持って制作をしようとすると、イメージの通りにしかならないことが多いと思います。なので、散歩をしてみたり、ドライブをしてみたりして最初のイメージにとらわれないようにしています。

運転することが好きで、アイデアに煮詰まった時は長い距離をドライブします。特に目標はないのですが、雲の切れ目を目指して走り続けます。そして、通行止めになったらドライブ終了です(笑)

もちろん、散歩やドライブをしている時に、アイデアが浮かんだらメモに残します。アイデアに煮詰まったら、ぜひ試してみてください。

将来のイメージを教えてください

160125_naganumasuzuka2

卒業後は、CGの技術を活かせるメディアで仕事をしたいと思います。特に、人を楽しませるエンターテイナーとしてゲームや映画に関わりたいですね。

最終的には地元山形で、フリーランスとして働きながら親孝行をしたいです。

おすすめのお店はありますか?

仁亭という、定食屋さんがおすすめです。馬見ヶ崎にあるので、大学からは少し遠いかもしれませんが、そのかわり味は保証します。イチオシは生姜焼き定食です。ぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか?

ライター:まっちんぐゆーいち

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー67】東北芸術工科大学 映像学科3年 新田成実
【学生インタビュー67】東北芸術工科大学 映像学科3年 新田成実
【学生インタビュー57】東北芸術工科大学 映像学科 2年 佐々木奏音
【学生インタビュー57】東北芸術工科大学 映像学科 2年 佐々木奏音
【学生インタビュー22】 東北芸術工科大学 映像学科4年 槙唯人
【学生インタビュー22】 東北芸術工科大学 映像学科4年 槙唯人
この記事を書いた人
まっちんぐゆーいち
写真撮影ならお任せ!

アクセスランキング

おすすめまとめ