【卒業制作インタビュー】山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年 阿部萌水

2016.1.25

きたる2月3日から2月7日、山形美術館で造形芸術コースの卒業制作展が開催されます。

【2/3(水)〜2/7(日)】山形大学 造形芸術コース 卒業制作展 2016
【2/3(水)〜2/7(日)】山形大学 造形芸術コース 卒業制作展 2016

そこで、natukusaでは数回にわたって、卒業制作展に出展する方へのインタビュー記事を掲載しています。

今回は、動物や植物をモチーフにした切り絵を出展する阿部萌水さんに、制作や作品の魅力を聞いてきました!

自己紹介

地域教育文化学部 地域教育文化学科 造形芸術コース4年の阿部萌水です。工芸研究室で切り絵の研究をしています。

造形芸術コースでの思い出を教えて下さい

子ども向けの工作教室を自分たちで企画・運営したり、金山町まで行って壁画をつくったりと、いろいろな活動をしてきたのが印象に残っていますね。

自分たちの学年は、1年生のうちから自主的に展覧会をやってきた人たちが多い学年です。いろいろな展覧会で作品を出したり、運営をしてきたことを振り返ると、最後の展覧会である卒展が近づいているというのは感慨深いものがありますね。

私は、1年生の時から4年間、切り絵の制作を中心に活動をしてきたので、作品に対しては人一倍の思い入れがあります。

切り絵を題材に選んだ理由を教えて下さい

160122_abemoemi2

子供のころから、切り絵をするのが好きだったんです。折り紙を折って、切って広げると雪の結晶になる切り絵が好きで、よく遊んでいました。それで、1年生でも出せる作品展が開催されたときに切り絵を出展してみたら、作品の完成度をもっと高めたくなって、いつのまにか卒業制作も切り絵になっていました。

切り絵にするモチーフはどんなものですか?

160122_abemoemi5

動物や植物の切り絵がほとんどですね。魚や爬虫類のウロコや鳥の羽など、細かい質感を出すのが好きです。重なった羽の線の強弱を気をつけたり、毛の流れを意識したりするのがポイントです。

動物そのもの、植物そのものの形を意識して、切り絵の表現に落とし込んでいくところに情熱を捧げています。

影響をうけた作品などはありますか?

切り絵作家のgardenさんに憧れていて、自分の作品にも影響を受けています。どの線も綺麗で、密度と完成度がすごいので、こんな風に綺麗な作品をつくりたいなと思っていますね。

卒展の作品について教えて下さい

160122_abemoemi6

ひとつの切り絵に、動物と植物のモチーフをひとつずつ入れ込んだ切り絵を製作中です。いま60作品を超えているのですが、時間の許す限り作品を増やしたいですね。

メジャーな生き物からマニアックな生き物まで扱っているので、この作品をきっかけにいろいろな動物や植物に興味を持っていただけたらな、と思います。

切り絵はこれからも続けるんですか?

160122_abemoemi1

一般企業に就職は決まっているのですが、趣味で作品作りを続けていけたらいいな、と思っています。4年間で作風がかなり変わったので、これから続けていくとどんな作品になっていくのか、自分でも楽しみです。

最後に一言

160122_abemoemi4

大学に入ってここまで切り絵をやるとは思っていませんでした。でもやっているうちにどんどん作品の完成度が上がったり、充実した達成感を味わうことができました。

悩んでいることがあったり、もやもやした大学生活を送っている人は、自分の好きなことを突き詰めていくといいんじゃないかな、と思います。

おまけ オススメのお店

七日町にある、「いつもの場所」のワッフルが美味しいです。甘くて、クリームたっぷりなので、甘いものが好きな方に特におすすめですね。

ライター : たーかぎー

こんな記事もオススメです

【2/3(水)〜2/7(日)】山形大学 造形芸術コース 卒業制作展 2016
【2/3(水)〜2/7(日)】山形大学 造形芸術コース 卒業制作展 2016
【卒業制作インタビュー】山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年 阿部萌水
【卒業制作インタビュー】山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年 阿部萌水
【まとめ】山形市内の美術館・博物館・おしゃれスポット18選
【まとめ】山形市内の美術館・博物館・おしゃれスポット18選
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ