【まとめ】山大書籍部に聞いた! 2015年売れた本ランキング

2015.12.24

今年も残すところあとわずか!

前回、誰トク情報で「山大書籍部」を紹介しました。

【誰トク情報4】意外と知らない!? 山大書籍部のココがお得!
【誰トク情報4】意外と知らない!? 山大書籍部のココがお得!

その際、今年売れた本を聞いてきましたので、ランキング形式でお届けします。

書籍部の方のコメントも一緒に、どうぞ!

1位 ぼくは明日、昨日のきみとデートする / 七月隆文

▼書籍部コメント

実はこれ、去年発行された本なのですが、すぐには売れなかったんです。でも、今年5月のイニシエーション・ラブの映画公開に合わせて、恋愛小説コーナーを設置したところ、売上が伸びましたね。イニシエーション・ラブを抑えて、年間トップに輝きました。

「泣ける」恋愛小説として話題になった作品ですね。

みなさんと同じ大学生、20歳の恋愛を描いた作品です。

2位 イニシエーション・ラブ / 乾くるみ

▼書籍部コメント

2004年に発行された書籍ですが、今年の5月に松田翔太主演で映画化しました。山大書籍部でも、映画化ということでコーナーを展開したので、それの影響だと思います。

書籍部では、映画/ドラマ/アニメ化される作品の原作となった小説のコーナーを常時展開しているそうです。

写真 2015-12-17 13 47 05

話題の作品が気になるときは、ぜひチェックしてみてください!

3位 思考の整理学 / 外山滋比古

▼書籍部コメント

書籍部おすすめの1冊です!高校生から大学生になった新入生のみなさんに読んでもらいたい本として展開しました。仕事の効率を良くするための方法などをエッセイ的に書いている作品です。内容がわかりやすく、文章も難しくないので読みやすいですよ。

「やることがたくさんありすぎて、時間をかけて考えに考えて、手が付けられず結局寝る」

なんてことはよくありますよね。

この本は、「自分なりのやり方」を考え、そして見つけるためのきっかけをくれる作品。

新入生でなくとも、一読の価値アリです。

4位 舟を編む / 三浦しをん

▼書籍部コメント

2010年の本屋大賞作品です。発売されてから2013年に映画化して、全国的にも、この書籍部でも、ずっとコンスタントに売れている本です。

真面目な主人公が、国語辞典を作る辞書編集部で働くお話。

ストーリーの中で、日本語の美しさや言葉の難しさに気付かされます。

5位 世界から猫が消えたなら / 川村元気

▼書籍部コメント

2013年に本屋大賞にノミネートされ、今年の秋には映画化が発表されました。2016年の公開予定ですが、じわじわと売り上げを伸ばしていますね。

やはり映画化するとなると、原作は気になりますよね。

猫好きなら間違いなく反応してしまうタイトルも、手に取りたくなる理由かも?

6位 植物図鑑 / 有川浩

こちらも2016年、5位の『世界から猫が消えたなら』と同時期に映画が公開予定の作品。

「図書館戦争」「レインツリーの国」「空飛ぶ広報室」など、近年ドラマ化・映画化された作品の多い有川浩さん。

恋愛小説といえばこの人!というイメージがありますね。

7位 四畳半神話大系 / 森見登美彦

▼書籍部コメント

森見登美彦さんの作品の中でも、コンスタントに売れ続けている書籍ですね。数年前にはノイタミナ枠でアニメ化もされているので、見た人も多いかもしれません。

とある大学生のサークル活動に関する内容の作品なので、身近に感じる設定です。

同作者の「夜は短し歩けよ乙女」もそうですが、表紙のイラストが可愛いので思わず手に取ってしまいますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的に、山大生ってどんな本読んでいるのかな? とずっと気になっていたので、書籍部の方にお話を聞けてうれしかったです!

「最近は活字に触れていない」

「本を読もうと思っても、どれを読めばいいのかわからない」

そんな方も、記事を読んで気になったものがあったら、手にとってみてはいかがでしょうか?

ライター : KK

こんな記事もオススメです

【誰トク情報4】意外と知らない!? 山大書籍部のココがお得!
【誰トク情報4】意外と知らない!? 山大書籍部のココがお得!
【まとめ】山大書籍部に聞いた! 2015年売れた本ランキング
【まとめ】山大書籍部に聞いた! 2015年売れた本ランキング
【まとめ】冬休みの散財に備える! natukusaで公開中のバイト情報
【まとめ】冬休みの散財に備える! natukusaで公開中のバイト情報
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ