【学生インタビュー65】山形大学 人文学部 法経政策学科4年 荻原秋穂

2015.12.15

”気になるあの人は何をしているんだろう?”

学生インタビュー65人目は、山形大学人文学部法経政策学科4年の荻原秋穂さんです。

彼はなぜ、日本と海外の行き来を繰り返すのか? その真相に迫ります。

自己紹介

山形大学人文学部法経政策学科4年の荻原秋穂です。人から紹介されたものにハマりやすいです。今はアイマスとボルダリング(崖登り)にハマっています。

海外渡航経験について教えてください

151215_ogiharaakiho2

1年の2月に韓国の光州というところへ1ヵ月行ったのが初めてです。

次が2年の8月から12月までアメリカのコロラド州、2年の2月にベトナム2週間2年の3月フィリピン1週間。

3年の9月ケニア10日間3年の1月にシンガポール1週間。

4年の9月オーストラリア1週間。

あとは旅行でちょいちょい台湾とか韓国とかヨーロッパとか・・・。

最後に、今度の3月にペルーに2週間行く予定です。

最初の海外渡航のきっかけを教えてください

第2外国語で韓国語を履修していて、せっかく学んだので、自分のものにしたいと思って行きました。一時期はものになりましたが、帰国してからサボったので、今はもう・・・笑

その反省を活かして、英語は今でもがんばっています!

なぜそんなにたくさん海外へ行こうと思ったんですか?

151215_ogiharaakiho1

大学がお金を出してくれるからです!  大学生のうちに使えるものは使っておこうと思って。

旅行以外の海外への渡航は、全てどこかから援助をいただいています。

補助金等の情報はどこで見つけるんですか?

最初は学内の掲示板でみつけました。注意深く見ていると有益な情報があるんです。2~3回そういったのに参加していると、あとは黙っていても情報が入ってくるようになります。

海外渡航を通して得られたものは?

灯台下暗しとよく言いますが、自分の国である日本のことだったり、今住んでいる山形のことで知らないことがあまりにも多すぎるということを知りました。例えば、日本の文化について外国の方に聞かれても、どう答えていいかわからない。

「日本人は、なぜクリスマスでキリストの生誕を祝い寺で先祖を供養し、ニューイヤーに神社で祈りを捧げることができるのか」

とか言われた時はかなり困りましたね。考えたこともなかったですし、言われてみればそれってかなり珍しい価値観だな、と。

海外に行きたいと思っている学生にひとこと!

151215_ogiharaakiho3

いきなりアメリカとかヨーロッパとかに行くのもいいけど、まずは韓国とか台湾とか近い国に行ってみることをお勧めします。隣国でも文化の差が大きくて驚きますよ。費用も国内とあまり変わらないですし。

そして、お金がない人は、積極的に大学の渡航プログラムを使いましょう!

ライター : ゆうさ

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー60】山形大学 人文学部 法経政策学科2年 中臺直人
【学生インタビュー60】山形大学 人文学部 法経政策学科2年 中臺直人
【学生インタビュー43】山形大学 人文学部 法経政策学科3年 太田孝平
【学生インタビュー43】山形大学 人文学部 法経政策学科3年 太田孝平
【学生インタビュー40】山形大学 人文学部 法経政策学科3年 吉岡慧
【学生インタビュー40】山形大学 人文学部 法経政策学科3年 吉岡慧
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ