【12/18(金)】最前線の研究者と軽食はいかが? サイエンスカフェ「宇宙生命を科学する」

2015.12.5

突然ですが、「サイエンスカフェ」というものをご存知ですか?

ビーカーでコーヒーが飲めるカフェではありません。

サイエンスカフェとは、1998年にイギリスで始まった、科学が好きな人や、その分野で活躍する研究者がお菓子や軽食をはさんで語り合うイベントのことです。

そこから全世界へ広がっていったサイエンスカフェがこの度、山形大学でも開かれるのでご紹介します!

イントロダクション

山形大学理学部が主催するサイエンスカフェ、「宇宙生命を科学する」

第1回は12/18(金)に開催されます。

今回のテーマは、「生命のはじまりと宇宙での可能性にせまる」です。

おいしいご飯を食べたり飲んだりしながら、講師の先生や参加者の方と楽しく交流しませんか?

講演内容

生命がはじまった場所として注目されている、高温高圧な海底熱水噴出口

そのの環境を実験室で再現し、生命誕生の検証実験を行っている長岡技術科学大学の今井栄一先生がいらっしゃいます。

さらに、国際宇宙ステーションの軌道上、つまり微重力の宇宙環境下で微生物は生存できるのかを探る「たんぽぽ計画」に関するお話も聞けるそうです。

「生命のはじまりについて知りたい!」

「宇宙で生命は生きていけるの?」

こんなテーマに少しでも興味がある人は、ぜひいらっしゃってください。

ご飯と飲物がつくので、リラックスして先生に直接質問ができますよ!

詳細情報

▼実施日時

12月18日(金)

受付 18:00~ / 講演 18:30~ / 終了 21:00予定

▼場所

山形大学 厚生会館2F レストランange

▼参加費

食事・飲物込 ¥2000

▼定員

30名

▼講師

長岡技術科学大学大学院 生物機能工学専攻 今井栄一先生

▼申し込み

こちらのフォームからお申し込みください。

※締め切り:12月13日(日)

▼チラシ

チラシはこちら

おわりに

気軽に飲食を交えながら、同じ趣味をもつ人と最新の研究に触れられるまたとない機会です。

分からないことも気楽に聞けるので、理学部の方はもちろん、小さいころは宇宙が好きだったけど、最近は空を見上げることが少なくなった…なんて人も大歓迎!

みなさんも、12月18日(金) の夜は、学内のレストランで生命と宇宙に思いを馳せてはいかがでしょう?

ライター : KK

こんな記事もオススメです

【山大の裏ワザ4】大学のメールアドレスを Gmail で送受信する方法
【山大の裏ワザ4】大学のメールアドレスを Gmail で送受信する方法
【学生インタビュー47】山形大学 理学部 生物学科3年 増田政彦
【学生インタビュー47】山形大学 理学部 生物学科3年 増田政彦
【山大ぼっち飯】お洒落なオトナのぼっち飯スポット一覧 (屋内編)
【山大ぼっち飯】お洒落なオトナのぼっち飯スポット一覧 (屋内編)
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ