【山大の裏ワザ3】大学のアドレスで受信したメールを、自分のスマホやPCに転送する方法

2015.12.2

あまり知られていない「大学でできること」を紹介する【山大の裏ワザ】コーナー。

今回は、前回ご紹介した「大学のメールアドレス」で受信したメールを、自分のスマホやPCに転送する方法をご紹介します。

転送するととっても便利

複数のメールアドレスを使っている人はわかると思いますが、別のアカウントにいちいちログインするのは大変です。

もし、全てのメールをよく使うスマホなどに転送できれば、外出先でも確認できるのでとっても便利!

では、実際にどのように転送設定を行うのか、そのやり方をご紹介します。

転送設定のやり方

▼設定用のページ(https://post.yamagata-u.ac.jp/)にアクセスし、ユーザー名、パスワード (大学のパソコンを使うのに必要なものと同じ) を入力してログイン

151201_forward1

▼ログインしたら、[メール 転送]をクリック

151201_forward5

▼[受信箱に残す]、[転送] の両方にチェックを入れ、テキストボックスに転送先のメールアドレスを入れて[保存]をクリック

151201_forward3

これで転送設定は完了です。上のチェックを入れておけば、転送するメールがActive mail にも残るので、間違えてメールを消してしまった時のバックアップにもなって安心です。

▼きちんと転送されているか調べる

151201_forward57

たしかに、学校のメールアドレスが受信したメールが指定したアドレス(この場合はGmail)に転送されました。ちゃんと添付ファイルも転送してくれます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

とっても簡単に転送設定ができるので、いつも使っているアドレスと同じ感覚で大学のアドレスを使用することができます。スマホのメールに転送すれば、すばやく返信することができますね。

ただし、この方法だと返信するときにメールアドレスが変わってしまうので、受け取った側からすると、「全然違う人からメールが返ってきた!?」と思われてしまうかもしれません。

そこで、次回のこのコーナーでは、それを回避する方法を紹介します。

メールソフトを使用して、複数のメールアドレスを一括管理する方法です。

お楽しみに!

補足

ちなみに、上のアドレスには、山形大学トップページから

工学部 → 工学部学術情報基盤センター →センターからのお知らせ →メール転送・パスワード変更

でもアクセスすることができます。

まさに裏ワザですね!

ライター : たーかぎー

こんな記事もオススメです

【山大の裏ワザ2】いろいろ便利な大学のメールアドレスを使う方法
【山大の裏ワザ2】いろいろ便利な大学のメールアドレスを使う方法
【山大の裏ワザ1】公式サークルの作り方
【山大の裏ワザ1】公式サークルの作り方
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ