【学生団体インタビュー24】ライフ・コンサルティング PRAS+

2015.12.29

頑張っている学生団体やサークルを取材し、その魅力を紹介する、【学生団体インタビュー】

第24回目の今回は、社会で活躍する若者を増やすことを目標に活動をしているサークル、「ライフ・コンサルティング PRAS+」 のお二人を紹介します!

自己紹介

151224_pras5人文学部法経政策学科3年の後藤颯太です。ライフ・コンサルティング PRAS+の代表をしています。

151224_pras6人文学部法経政策学科3年の相原勇士です。PRAS+の副代表をしています。よろしくお願いします。

ライフ・コンサルティング PRAS+の概要を教えてください

ライフ・コンサルティング PRAS+ (Promote the Reason and Ability for Success)は、イベントやメディアの運営、学生と企業のマッチングなどをしているサークルです。山形大学の2,3年生、11人ほどのメンバーが、若者の未来志向への動機付けと能力開発のために様々な活動を展開しています。

PRAS+を始めたきっかけを教えてください

151119_pras1

資料提供 : PRAS+

PRAS+を始めたきっかけは、初期メンバーの3人で「なんかやりたいよね、始めたいよね」という漠然とした話をしていたところにあります(笑)

それでその際に出た話なんですけど、たまたまメンバーの1人の知り合いに山形県職員の方がいて、「大学生が行政主催のイベントにあまり参加していない」という現状があると聞きました。

そこで、それ詳しく聞きたい! ってなって、実際に県職員の方に会いに行って「何か手伝えることはありませんか?」と提案したんです。

なので最初は、「行政支援団体PRAS+」として、若者向けの行政イベントを宣伝や、参加者集めをしていました。

そこでイベントの参加者を増やそうといろいろと手法を考えたのですが、そもそもそういった活動に興味をもつ学生が少ない、という問題があったんですね。それならば、自分たちで興味を持つ学生を増やしてしまおうということで、本格的に今につながる活動にも手を広げていくことにしたんです。

すなわち、ワークショップの開催やメディアの運営です。

NEWS PORTAL PRAS+ をはじめた理由を教えてください

151224_pras

画像は NEWS PORTAL PRAS+ のスクリーンショット

メディアを始めた理由は、学生が、自分たちの判断で最適な未来を選択できるような情報が足りないと感じたからです。これからの社会でどういった人材が求められているのか、これからどんな産業が発達していくのかを知っていれば、自分の可能性を大きく広げることができます。あとは、自分たちの思考の過程のアウトプット、共有という側面もありますね。

社会に出た経験もない私たちが情報を発信する意味があるのかと悩んだ時期もありましたが、「学生の目線での情報発信には希少性=価値がある」と後押ししてくださった人がいたおかげで、ここまでコツコツ更新することができています。

これからの展望は?

4月に株式会社にします。詳細はまだ言えませんが、新たなプラットフォームをひとつ作ります。学生にとっても、社会人にとっても価値のあるサービスにするべく、いろいろと準備を進めている段階です。

あとは、 最近サービスを開始した、「PRASeed」というLINEをを使って社会人と学生を結びつけるプラットフォームを成長させたいですね。

PRASeedについて詳しく教えてください

151224_pras3

インターンの情報や就活に役立つ本、アプリ、イベントなど、学生の就活や将来設計に役立つ情報をLINEで簡単に手に入れられるサービスです。

ビジネスモデルとしては、イベント告知や就活情報を発信したい企業に販売する広告モデルを採用しています。これだけでマネタイズをしようとは思っていないので、あくまでPRAS+を認知してもらう手段の一つとして考えていますが。

東京のイベントに参加しているうちに気づいたのですが、東京の学生と地方の学生を比べてみると、使っている語彙からしてぜんぜん違うんです。イベントに参加しているアクティブな層の学生とばかり会っているからそういう印象だと思っていたのですが、パッシブ、受け身の学生も何もしなくても情報が入ってくるので、これからの社会で必要になるスキルや情報が自然と肌感覚で共有できているんですね。

「東京にはクリエイティブな人が多い、だから東京に行かなければ面白いことができない」という人がいますが、私たちはそんなことはないと思っています。

ドットジェイピーで知り合った縁から、山形の行政の方や地域の方が主催するお祭りやイベントに参加することが多いのですが、山形には東京に負けないくらい面白い人、頑張っている人がたくさんいます。ひとえに、その情報が伝わっていないだけなんですね。

私たちが、このPRASeedでそういったやる気のある学生と面白い大人を結び付けたいと思っています。

最後に一言

151224_pras4

私たちの活動に興味を持っていただけたら、まずは Praseed の友達になってみてください。

これからもどんどんいろいろな事業を展開していく予定です。Praseedの理念に共感してくれた人は、運営メンバーになってみませんか?

詳しく話を聞いてみたいという人は、Praseedを友達登録した後、トークにその旨を投稿してください!

関連リンク

PRASeedの友達追加はこちら

http://line.me/ti/p/%40cnw2602c

ライフ・コンサルティング PRAS+ Facebookページ

https://www.facebook.com/infopras/

自分と社会の「未来」を見据えるための情報メディア

NEWS PORTAL PRAS+

http://infopras1130.wix.com/news-portal-pras

2016年5月 追記

法人化しました。詳細はこちら↓

【リポート】大学生ベンチャー企業 株式会社アダビト 後藤颯太 に話を聞いてきた
【リポート】大学生ベンチャー企業 株式会社アダビト 後藤颯太 に話を聞いてきた

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー23】山形大学 劇団めざましどけい
【学生団体インタビュー23】山形大学 劇団めざましどけい
【学生団体インタビュー22】山形大学 アカペラサークル Smile ☆
【学生団体インタビュー22】山形大学 アカペラサークル Smile ☆
【学生団体インタビュー21】東北芸術工科大学 自転車部
【学生団体インタビュー21】東北芸術工科大学 自転車部
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ