【学生団体インタビュー17】コピーダンスサークル twinkle

2015.11.21

頑張っている学生団体やサークルを取材し、その魅力をご紹介する【学生団体インタビュー】

第17回目は、八峰祭を感動の渦に巻き込んだ、あの「ラブライス!」のメンバーが最近立ち上げたサークル、「コピーダンスサークル twinkle」です。

立ち上げすぐに1年生を含む新メンバーが次々加入し、一気に広がりを見せる気配のtwinkle。今回は立ち上げの理由や熱い思いを取材してきました!

自己紹介

151110_twinkle5地域教育文化学科造形芸術コース3年twinkle会長長濱千鶴です。今は、八峰祭ではメドレーでしか踊っていなかった「ラブライブ!」の主な曲を、全てフルで踊れるように練習中です。サークルの立ち上げにあたって、チラシの作成や組織計画も行っています。

151110_twinkle8副会長の秋元瑠衣です。同じく造形芸術コースの3年生です。小学校低学年からハロプロが大好きで、今は「℃-ute (キュート)」と「LoVendoЯ(ラベンダー)」「Juice=Juice(ジュースジュース)」にハマっています。夢は歌って踊れて版画が彫れる保育士さんになることです。

151110_twinkle6同じく造形3年太田亜美です。プリキュアが好きです。歴代ではフレッシュプリキュアがいちばん好きです。

151110_twinkle7武田早紀です。同造3です。最近はボカロの踊ってみたのジャンルの曲を。ブラック★ロックシューターとかハッピーシンセサイザーとかを踊っています。

コピーダンスサークルについて教えてください

アニメ、アーティスト、アイドル、ボカロなどのダンスを通した学生の交流を目的としたサークルです。サークル内でグループを結成して、そのメンバーで空きコマに集まって練習しています。早朝6:00から7:00まで、自由参加の朝練もやっています。

今後、体制が整い次第、毎週火曜日のお昼休みに全体ミーティングのようなものを開く予定です。

設立の経緯を教えてください

151117_twinkle1

私達が2年生のとき、去年の八峰祭でプリキュアのメドレーダンスを踊ったのがはじまりですね。それがとても楽しくて、今年の八峰祭でもっとクオリティをあげてラブライブのメドレーを踊ったら、さらに大きい反響をいただきました。それで、ここで終わるのはもったいないな、と思ってサークルを設立することにしたんです。

コピーダンスが好きだけど仲間がいない、発表の場所が無いという人がけっこういる感覚というか、直感ががあったんです。結成から1ヶ月もたってないサークルですが、実際に1年生や男子も入ってくて人がどんどん増えているので、これから踊れるダンスの幅もどんどん広がってくると思います。

どんな人にオススメのサークルですか?

151110_twinkle1

アニメやネットで知った踊りたい曲があるけど、一人では練習続かないし…という人や、カラオケで歌だけじゃなくて踊りもできると楽しそうだな、と考えている人など、コピーダンスに興味がある全ての人にオススメです。

また、今までダンスには興味が無かったけど、健康のため、ダイエットのため、趣味を語り合える人と知り合うためというきっかけでダンスを始めるのも全然アリだとおもいます。

ちなみに、踊る人以外にも、衣装のデザインや縫製、音響が得意な人、サイトが作れる人、絵が描ける人など、マネージャーやプロデューサー的なポジションができる人も大歓迎です。

活動を通して得られるものは?

運動不足の解消や、規則正しい生活が得られるのはもちろんのこと、一緒にがんばれる仲間が得られるのがいちばん楽しいところだと思います。

一人では続かない練習も、仲間がいると楽しく続けることができるんです。みんなで踊って、フォーメーションがきれいに再現できたときなんかはとても楽しいですね。

最後に一言

151110_twinkle3

できたばかりのサークルですが、毎日楽しく活動できます。

私達と一緒にステージで輝きましょう!

お問い合わせ

興味がある人は下記まで連絡してください!

【公式Twitter】@copy_dance_TW

【メール】e133014@st.yamagata-u.ac.jp

ライター : たーかぎー

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー16】NPO法人ドットジェイピー 山形支部
【学生団体インタビュー16】NPO法人ドットジェイピー 山形支部
【学生団体インタビュー15】就職支援団体 aim
【学生団体インタビュー15】就職支援団体 aim
【学生団体インタビュー14】IVYyouth -若者の力を世界へ-
【学生団体インタビュー14】IVYyouth -若者の力を世界へ-
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ