【学生インタビュー54】山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年 佐藤春花

2015.11.17

”気になるあの人は何をしているんだろう?”

学生インタビュー54人目は、山形大学4年の 佐藤春花 さんです。

「せんだいこどものまち」という小学生向けの社会体験プログラムに関わってきたという彼女。その魅力に迫ります。

自己紹介をお願いします

山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年の 佐藤春花 です。旅先で変な写真を撮るのが好きです。友達が風景を撮っている脇で地面とかを撮っていたりするので、「何撮ってるの?」ってよく言われます。

どんな活動をしているんですか?

151116_satouharuka2

「せんだいこどものまち」という企画に関わっています。せんだいこどものまちは今年で14年目の企画で、日本で2番目に始まった「子どものまち」の企画です。「こどものまち」とは、架空の「まち」を舞台にした、小学生向けの社会体験プログラムです。

全国でやっているのですが、私はこれに、たまたま小学生の時に参加していました。小さいころの記憶ですが、とても面白かったのを覚えています。これは年に1回しかやらない企画で、その後は参加希望者が多くて、抽選になってしまったので、参加できずに終わってしまいました。でも、たった1回でもすごく楽しくて、今でもとても強く思い出に残っています。

写真撮るのが好きになったのもそこがきっかけなのかなって今は思っています。そこで新聞記者の職業を体験して、たくさん写真を撮ったんです。参加したあとに、お母さんに言って、おもちゃのカメラを買ってもらいました。私みたいに、その後の趣味とかやりたいことに繋がっていくものでもあります。

それから時間がたって大学生になり、研究室の先生が「子どものまち・いしのまき」というプロジェクトに関わっていて、あれ?聞いたことあるな、と思って話してみたら、そのせんだいこどものまちをやっているのが研究室の先生の恩師だったんです。そこから先生にこの活動に誘われて、今に至ります。

どのような雰囲気ですか?

子どものまち・いしのまきと違って、約半年かけて全部を大人が準備するので、子供にとっては1日だけの企画です。でも、参加した子達の今後の人生に関わってくるきっかけでもあります。大人はボランティア以外禁止で保護者は会場に入ることができません。子どもの参加の様子に口出しさせない、そして、お家に帰ってから思い出話をしてもらうのも目的だったりします。中には、子どものまちの中で稼いだお金でお土産を買っていく子もいて、とても微笑ましいです。

子どもが自分で考えて机1個分に露店をだす。するとすごい面白いことを考えてくるんです。発想がすごいなって毎年驚かされます。そういうのを見てると、小さい時からそういったことをやっていると訓練されて、良い影響を与えるんだと思います。1日だけだけど、とても楽しい企画になっています。

今後、こどものまちせんだいにはどんな風に関わるんですか?

私はもう大学を卒業して社会人になってしまうのですが、来年以降も参加したいなと考えています。話し合いも会社が終わってからの夜の時間にやっていたり、当日は祝日に行われるので、社会人にも優しいんです!

せんだいこどものまちでは、コンスタントに来てくれるようなスタッフさんを募集しています。14年もやっていると、スタッフの社会人も高齢化していってるので、ちょっと若いボランティアを募集しています。子供パワーありすぎて、相手ができるように(笑)

スタッフの側もとても面白くて、ボランティアは無償だけど、たくさんのものを手に入れることができます。

最後に一言

151116_satouharuka1

「おもしろいこと、おいしいものを求めて各地に出没中!」

おまけ おすすめのお店を教えてください

みはらしの丘にある一軒家の庭で3坪の広さでお店を出しているマフィン専門店の「nuage muffin」です。

きのこみたいな大きなマフィンで、外はカリッとなかはフワッと!お姉さんが1人でやっていて、たまに近所の人からもらったフルーツやジャムを使ったマフィンがあったり、なんだか素敵な雰囲気のお店です\(^o^)/

編集後記

とてもキラキラした顔でせんだいこどものまちのことをお話ししてもらいました。

素敵な彼女の語る企画はきっと素敵な企画なのだろうなと思います。

ライター : ゆうさ

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー50】山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年 大塚楓
【学生インタビュー50】山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年 大塚楓
【学生インタビュー48】山形大学 農学部 食料生命環境学科3年 佐々木彩香
【学生インタビュー48】山形大学 農学部 食料生命環境学科3年 佐々木彩香
【学生インタビュー47】山形大学 理学部 生物学科3年 増田政彦
【学生インタビュー47】山形大学 理学部 生物学科3年 増田政彦
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ