【学生インタビュー50】山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年 大塚楓

2015.11.12

”気になるあの人は何をしているんだろう?”

学生インタビュー記念すべき50人目は、山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科4年の大塚楓さんです。

これまで常にいろいろなことにチャレンジしてきた楓さん。彼女は普段、どんなことをしているのでしょうか。

自己紹介

山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科 生活環境科学コースの大塚楓です。旅先で面白い柄のマンホールを見つけるのが好きです。地域によってかなり特色があって、由来とかを調べると楽しいですよ!

大学では何を学んでいますか?

151110_ootukakaede1

建築を学んでいます。子どもが成長する空間や子育てをする親のための空間作りについて学びたくて、今の研究室を選びました。待機児童や少子化といった問題がある中で、共働きの世帯が、子育てしやすい環境を建築の視点で解決しよう考えています。

研究室では、「子どものまち・いしのまき」というプロジェクト(https://www.facebook.com/ishinomakids)に関わっていました。子どものまち・いしのまきでは、約半年かけて、子どもと一緒に当日の「こどものまち」の企画・演出・運営方法を考えていきます。子供たちが、あれやりたい!と自分の意見を主張してくれるのは嬉しいです。一方で、自己主張が強い子がいたり、意見のバランスを考えて取り入れたりと、まとめるの大変だったりします。

もしかしたら、被災地に対して暗いイメージを持っているかもしれません。私もそうでした。でも、実際に行ってみると、子供たちはすごく元気で明るいんです。逆に私自身がパワーを貰っちゃうくらいです!

他にも、石巻の中学生が新しくできる地域の公園をデザインするプロジェクトにも関わっていました。子供が自分のまちを考える、地域のことを考えるきっかけにもなるし、大人になった時に自分が関わったんだよっていうことが誇りになっていきます。子供のアイディアをそのままを形にするのは難しくて、大胆すぎたりしますが(笑) 私も小さい頃にこういうことに関わってみたかったですね。

でも、形にできるアイディアを出すことが重要ではなくて、子供自身が町のことに関わることによって、町に対する思い入れが強くなり、自分の生まれ育った地域で、将来活躍していく子が増えていくのではないかと思います。また、子供が大人に向かって真剣に意見を言う場でもあって、ここに参加した子はどんどんコミュニケーション能力が高くなっていくのがわかります。

東北発☆未来塾に出てましたが、参加のきっかけを教えてください

「東北発☆未来塾」は知り合いが出ていたことがあり、ツイッターのアカウントもフォローしていたので知っていました。出演者の募集とかもしているんですが、ある時、「隈研吾」という文字を見て、「この人に会いたい!」ってなりました。有名な建築家の方なんですが、そんな人から学べたらすごいなと思って、見た瞬間に特に何も考えず、応募していました。

※東北発☆未来塾 …… NHK Eテレで放送中の番組。東北の未来を担う若者が、様々な業界で活躍する方を講師役に“未来を創るチカラ”を学びます。(番組公式Twitterより)

参加してみてどうでしたか?

151110_ootukakaede6

短期間で課題の模型の制作があって、やりたいことは頭の中に沢山あっても、時間のことを考えると全てをやるのは難しかったです。紙に向かって考えているよりも、とりあえず手を動かして、形にしていかないと、という意識で進めていました。本当に時間がなかったです。

また、宮城県出身なのに、初めて南三陸に行きました。当たり前なんですけど、仙台にもこんな海の町があるんだなって実感しました。地元の商店街の人ともたくさん話すことができて、TVの編集が入っていない生の声を、自分の耳で聴けたのはとても良い経験でした。

終わってみてどうですか?

151110_ootukakaede5

現在取り組んでる卒業制作にも未来塾での経験が役立っています。フィールドワークに積極的に行って、現地の人の声を聴くことを重視するようになったり、とりあえず形にしてみようとイメージの模型を作ってみたりするようになりました。実際に作ってやってみると想像していたのと違うしってなったりしますね。

また、未来塾で、他大学の人と一緒に作業することで、刺激をもらいました。発想が違ったり、そもそも学んでることが異なっていたり、模型の作り方も様々で、面白かったです。

他大学の人に接することで、新しい世界に接してみようと思うようになりました。新しい世界の一つとして、せんだいデザインリーグ(全国で建築を学ぶ学生の卒業設計を一堂に集め、公開審査によって日本一を決めるイベント)という卒業コンペに卒業制作を出そうと決めました。過去に山大の学生が出したことは無いようですが、チャレンジしてみようと思います。

将来への抱負をお願いします

151110_ootukakaede2

老後にでも叶えたいなと思ってる夢ですが。。。自分で設計した自分のお店を持ちたいと考えています。山形に個人経営の小さな飲食店みたいなのを。山形の美味しいご飯とお酒を飲みながら、仕事帰りのサラリーマンとか近所の人たちが集まれて、いろんな人達が思っていることを話せるような空間であったり、経営者や上司が思ってることを聞いたりできる場にしたいです。

大学4年間、山形で過ごして好きになった山形の魅力を、山形の人にだけでなく、全国、世界、幅広い人に対して発信したいです。

おすすめのお店を教えてください

車が無いと行くのが難しいですが、上山にある「HATAKE カフェ」のパフェがおすすめです。自家農園でとれた旬のフルーツを使ったパフェでおいしかったです。

七日町の「韓国料理 明洞」はかなりの頻度で行ってます。海鮮チヂミとユッケジャンがおいしくて、海鮮チヂミは毎回頼みます(笑)

仙台の「パティスリーミティーク」というCaféもおすすめです。3Dラテアートをやってくれるのがかわいいんです!お店のインテリアとか雰囲気もとてもいいですよ。

お店を考えていたらお腹すいてきちゃった(笑)

ライター : ゆうさ

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー48】山形大学 農学部 食料生命環境学科3年 佐々木彩香
【学生インタビュー48】山形大学 農学部 食料生命環境学科3年 佐々木彩香
【学生インタビュー47】山形大学 理学部 生物学科3年 増田政彦
【学生インタビュー47】山形大学 理学部 生物学科3年 増田政彦
【学生インタビュー45】山形大学 農学部 食料生命環境学科4年 岩田果南子
【学生インタビュー45】山形大学 農学部 食料生命環境学科4年 岩田果南子
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ