【全学年必見】山大のキャリアサポートセンターで出来ること3つ

2015.11.2

八峰祭も終わり、山大の3年生はそろそろ就活の情報を集め始める時期に差し掛かってきました。

しかし、「何から始めたらいいか分からない」という人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では、山大生の強い味方「キャリアサポートセンター」でできることを3つ、まとめてみました。

これから就活が始まる3年生はもちろん、1・2年生にも耳寄りな情報がありますので、ぜひご覧ください。

できることその1「業界研究」

151029_kyarisapo3

キャリアサポートセンターの横には、誰でも利用することが出来るスペースがあり、そこには新聞や経済雑誌がたくさん置いてあります。

他にも企業のパンフレットや公務員対策の資料など、いろいろなジャンルの資料が揃っているので、訪れてみることをおすすめします。

興味がある業界が無いという人は、「日経新聞」をパラパラとめくってみて、気になる見出しがあったら読んでみましょう。最初のうちは聞き慣れない経済用語が多くても、適当に流し読みしていくうちになんとなく全体像がつかめてくるはずです。

できることその2「進路相談」

151029_kyarisapo4

キャリアサポートセンターでは、常に就活に悩む学生の相談にのってくれます。一般企業はもちろん、公務員や教員採用試験の悩み、そもそもこれからどういうキャリアを形成していけばいいのか、などなど…。

また、定期的に就職説明会や就職した先輩と会える・話せるイベントも開いているので、それに参加するのもいいでしょう。社会で活躍する先輩の話を聞くことで、自分の将来に対するイメージも湧くはずです。

これからどういう学生生活を送りたいか悩んでいる1年生から、ギリギリまで進路について考えたい4年生まで、どんな人でも歓迎だそうです。相談に乗ってくれるのは経験豊富で親身になって考えてくれる方ばかりなので、悩んでいることがある人は利用してみてはいかがでしょうか?

できることその3「イベント・セミナーへの参加」

151029_kyarisapo7

山形大学では、企業見学や業界研究のイベント、就職対策のセミナーなどを頻繁に開いています。一人で就職対策をするよりも、同じ目標をもった人たちが集まる場で情報交換をしたり、刺激をしあったりする方がモチベーションが上がるでしょう。積極的に利用することをおすすめします。

キャリアセンターにはイベントやセミナーの情報が集積しているので、いろいろな会社の情報を集めたい人には最適な情報源です。逆に、受けたい会社を数社まで絞っているという人は、就職支援サイトやその会社のサイトに張り付いて情報収集をする方が、見落としがなくインターンや選考情報を得られるでしょう。

この時期は、長期休みのインターンとは別に、会社見学に近い超短期のインターンが開かれている場合もあります。3年生以外でも参加できるものが多いので、「〇〇 インターン」などで検索してみてはいかがでしょうか。

おわりに

151029_kyarisapo2

わからないことがあったら、まずは気軽にキャリアサポートセンターまで聞きに行ってみましょう。また、現3年生は求人検索NAVIに登録することをおすすめします。検索機能があるのはもちろん、興味がある企業の就職情報を通知してくれたりします。

就活関連ではいろいろな情報が飛び交い、有益な情報を自分で取捨選択するのは至難の業。まずは、その道のプロに助けを借りてみてはいかがでしょうか。

▼山形大学キャリアサポートセンター 公式サイト

http://www.yamagata-u.ac.jp/career/

ライター : たーかぎー

こんな記事もオススメです

山大テールに自販機が降臨した件について
山大テールに自販機が降臨した件について
【食欲の秋】山大生に聞いたオススメの学食メニュー5選
【食欲の秋】山大生に聞いたオススメの学食メニュー5選
【徹底検証】山大工学部男子のチェック率は〇〇%
【徹底検証】山大工学部男子のチェック率は〇〇%
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ