【2015学祭インタビュー】自称東北最大級! 公翔祭 お化け屋敷 (公益大)

2015.10.22

“山形の学祭の魅力をお届けする【2015学祭インタビュー】”

学祭実行委員会のみなさんやブースを出す学生の方にインタビューを行い、意気込みや見どころを聞いていきます。

今回は、公翔祭の「お化け屋敷」の担当者にインタビューしてきました!

自己紹介

151019_koueki9公益学部公益学科1年生の菅原梨帆です。趣味は芋掘りです。

151019_koueki8公益学部公益学科1年生の伊藤春香です。ライブが生きがいです。

メンバーの雰囲気はどうですか?

SONY DSC

1年生全員が協力してお化け屋敷を企画、運営するのですが、みんなの仲が良くて、とても楽しい雰囲気です。同じ目標に向かって全員で同じことをやるので、団結力が高まりますね。

お化け屋敷について教えてください

SONY DSC

両日とも、10時から17時まで、教育研究棟1階の104教室、105教室の2教室を使って開催します。怖さを追求したお化け屋敷を目指して作りました。富士急ハイランドの心霊病棟は物足りないという人にオススメです。

変にストーリーや雰囲気に頼らずに、純粋に怖さを追求した王道のお化け屋敷を意識しています。

どういったお化け屋敷なんですか?

曲がり角を多く作って、先がわからない怖さを演出しています。あとは、途中で分かれ道が3つあるので、カップルでも3人組でも問答無用で引き裂いて、一人の孤独を味わってもらいます。

コースによって鬼のように怖かったり全く怖くなかったりするので、ゴールした後の感想の違いで人間関係が悪化する恐怖を体験できますね。

また、ぜんぶ楽しみたい人は、最低3回は入る必要があります。入場料は大人200円、学生以下100円なので、何度も出入りして、いつの間にか財布が空っぽになっているという恐怖体験もできます。

意気込みを教えてください

SONY DSC

何度も入りたくなるような、病みつきになる怖さがあるお化け屋敷にしたいと思っています。最近悲鳴に飢えているので、たくさんの悲鳴を聞きたいですね。

怖がらせるのはもちろんのこと、みんなを楽しませるようなお化け屋敷にします。そしてリピーターを増やして、ボロ儲けする予定です。

最後に一言!

来ないと大変なことになります…(たぶん)

私達は、お化け屋敷の中でずっと待っていますよ…

100円あったらお化け屋敷に行こう!

ライター : たーかぎー

公翔祭「お化け屋敷」情報

【日時】10/24(土)・25(日) 10:00〜17:00

【場所】東北公益文科大学 教育研究棟1階 104・105教室

【公式サイト】http://www.koeki-u.ac.jp/news_topics/kosyosai_20151024-25.html

【公式Twitter】https://twitter.com/kousyousai15

※掲載内容は取材時点のものです。最新の情報は、公式サイトをご確認ください。

こんな記事もオススメです

【2015学祭インタビュー】公翔祭実行委員会 (公益大)
【2015学祭インタビュー】公翔祭実行委員会 (公益大)
【2015学祭インタビュー】公翔祭 ミスター・ミスコンテスト (公益大)
【2015学祭インタビュー】公翔祭 ミスター・ミスコンテスト (公益大)
【2015学祭インタビュー】公翔祭 ステージ企画「庄内No.1」(公益大)
【2015学祭インタビュー】公翔祭 ステージ企画「庄内No.1」(公益大)
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ