【2015学祭インタビュー】芸工祭 ヌヌヌろっくふぇす (芸工大)

2015.10.5

“山形の学祭の魅力をお届けする【2015学祭インタビュー】”

学祭実行委員会のみなさんやブースを出す学生の方にインタビューを行い、意気込みや見どころを聞いていきます。

今回は芸工祭の「ヌヌヌろっくふぇす」を開催する芸工大 軽音サークルにインタビューしてきました。

芸工祭のテーマは「ドドド」ですが、軽音サークルが開催するのは「ヌヌヌろっくふぇす」。いったい、どんな関係があるのでしょうか! 聞いていきたいと思います!

自己紹介

kuboboboコミュニティデザイン学科2年 久保昇也です。軽音サークルの部長をしています。好きなバンドは「ドリームシアター」で人間離れしたテクニックに魅了されました。とにかく、変態的な技術をもっているバンドが好きです。

sato歴史遺産学科2年 佐藤大夢です。軽音サークルの副部長でドラムをやってます。「人間椅子」「筋肉少女帯」「五人一首」などメタルやプログレが好きです。音楽にハマったきっかけは、中学生の時に「人間椅子」を聞いたことです。

shishido映像学科2年 宍戸健太です。軽音サークルの部員で、ヴォーカルを中心に活動しています。好きなバンドは「スーサイド・サイレンス」「デストレージ」「ザ・フォール・オブ・トロイ」などのメタル系です。また、ケルト民族音楽もお気に入りです。

「ヌヌヌろっくふぇす」とは?

10月17日、18日の芸工祭にて開催する、軽音サークルのライブイベントです。芸工大本館407講義室で行います。

約15組のバンドが参加し、J-POPからヘヴィメタルまで多種多様の音楽を楽しむことができます。これまで聞いたことのないジャンルと出会うきっかけにもなると思います。

ちなみに当日は、ライブの合間に奇術部のパフォーマンスもあります。耳でも、目でも楽しめるライブイベントになっています!

なぜ「ヌヌヌ」なんですか?

150930_nu4

先代部長に、

「今年の軽音サークルのライブイベント名はどうしますか?」

と聞いたところ、

「今年の学祭のテーマがドドドだから、俺たちはヌヌヌでどう?」

と返ってきたので、

「ヌヌヌろっくふぇす」になりました(笑)

見どころを教えてください

150930_nu2

様々なバンドがでるので、新しいジャンルとの出会いがあると思います! また、聞いたことがある曲でも、各バンドごとに個性があるので楽しめると思います。

ノリの良さが売りの個性豊かな軽音サークルのメンバーが、テレビでは見ることのできないパフォーマンスを披露します。

意気込みを教えてください!

kuboboありとあらゆる手段を使って手に入れたステージ。そこで繰り広げられる、部員たちの熱き宴。軽音サークルのライブを見せつけてやるぜ!

sato副部長も機材の調整や、芸工祭実行委員とやり取りなど仕事をしています。頑張っているのは部長だけではないぞ! という気持ちでライブを盛り上げるぜ!

shishido部長、副部長も頑張っているが、部員も2人を支えています! 部員全員でお客さんを盛り上げれるようにライブをするぜ!

最後に一言お願いします

150930_nu1

東北の美術大学で熟成されたサウンドを、ぜひ聞きに来てください!

「ヌヌヌろっくふぇす」情報

【10/17(土)】開場12:00 開演12:30~18:30

【10/18(日)】開場12:00 開演12:30~17:00

【場所】本館407講義室

【公式サイト】tuad-keion.jimdo.com

【公式Twitter】https://twitter.com/tuad_keion?lang=ja

ライター:まっちんぐゆーいち

こんな記事もオススメです

【2015学祭インタビュー】芸工祭実行委員会 (芸工大)
【2015学祭インタビュー】芸工祭実行委員会 (芸工大)
【2015学祭インタビュー】芸工大 MIS & MISTER CONTESTの リハーサルに 行ってきた
【2015学祭インタビュー】芸工大 MIS & MISTER CONTESTの リハーサルに 行ってきた
【2015学祭インタビュー】芸工祭を100倍楽しむためにしておきたいこと (芸工大)
【2015学祭インタビュー】芸工祭を100倍楽しむためにしておきたいこと (芸工大)
この記事を書いた人
まっちんぐゆーいち
写真撮影ならお任せ!

アクセスランキング

おすすめまとめ