【学生インタビュー33】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科2年 佐々木翼

2015.9.28

“気になるあの人は何をしているんだろう?”

学生インタビュー33人目は、東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科2年の 佐々木翼 さんです。

コミュニティデザイン学科一期生で、「カタリバ」という活動を行っているその姿に迫ります!

自己紹介をお願いします

150927_sasakitubasa2

東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科2年の 佐々木翼 です。映画が大好きで、最近はマッドマックスにハマっているので話せる仲間を募集中です。

コミュニティデザイン学科はどんな学科ですか?

コミュニティデザイン学科は、人がいなくなって元気がなくなってしまう町をどう元気にしていくか、どうしたらみんなが幸せに暮らしていけるかを学ぶ学科です。

対話から方向性を探ったり、ワークショップの進行など多様な「話す」を学ぶために、基本となる発声練習から、友達に夏休み中何をしていたかなどをインタビューする授業もあります。

2年生になると学年が4つに分かれ、実際に地域に入っていく「スタジオ制」をとるのがコミュニティデザイン学科の特徴です。僕はやまがた芸術学舎の利活用について、実際に地域に入りながら学んでいます。

学外で活動に関わっている「カタリバ」について教えてください

150927_sasakitubasa3_02

カタリバは、「高校生の心に火を灯す授業」をしている認定NPO法人です。初めて会ったちょっとだけ年上の先輩との対話を主にして、高校生が将来への主体的な”一歩”を踏み出せるようなキッカケを届けることを目指したキャリア学習プログラムを行っています。

進路について高校生と話をしたり、最近の悩みについて話したり、色々なことを話しつつ、やりたいと思っていても一歩踏み出せないとか、君は本当はどうしたいのかを問いかけて、一緒に考えていきます。

「耳をすませば」という映画で、雫は受験勉強をしなければいけないけど、そんな中小説を書くことに没頭して一つの物語を書き終えました。そうやってやりきった時の達成感はものすごいと思うし、小説を書ききった後に受験勉強を頑張ったと思う。

僕は、「カタリバ」はこれに似ていると思っていて、そうやって、何か一歩踏み出せない人の後押しができたらという思いで、高校生と語ってきました。

やりがいを教えてください

150927_sasakitubasa4

最初は凄く斜に構えていて、「帰りたいんすけど」というオーラを放っていた子が、話し終わった後に、「翼さんと話せてよかったっす」「今日超楽しかったっす」ってなるのとかが超おもしろい。一見チャラい子がそんなこと考えてたんだ、みたいな発見がすごく面白いですね。

カタリバでは半学半教って言っていて、話を聞いてあげる、ではなくて話を聞かせてもらうことで僕が学ぶこともあるし、先輩としてアドバイスできることもある。人それぞれだから夢もいろいろあって、それでも自分と同じ気持ちの所で話すことでお互いに学ぶことができると思っています。

(おまけ) おすすめのお店は?

僕のおすすめの飲食店は、そば処すぎ です。よく雑誌でも紹介されているけど、げそ天が凄く美味しい。休みの日に行くと凄い混んでるから、平日に行くのがおすすめ。

あとは、七日町にある シャンソン物語 です。シャンソンが流れているすっごいいい雰囲気の店内で、ワッフルがおすすめ。いろんな雑誌がおいてあるのも好き。

おなじく七日町にある nicoドーナツ。天然の大豆や雑穀のペーストを使っていて、からだにやさしくて美味しい!

編集後記

学内外で様々な活動をしている佐々木くん。今回はカタリバについて熱く語ってもらいました! 筆者と彼は同じ学科なのですが、エピソードを聞く中でカタリバに関わる人の強い思いを感じました。

カタリバでは新規ボランティアも募集しているようなので、興味のある方はぜひ下記まで↓↓↓

https://www.facebook.com/mykatariba?fref=ts

ライター:くーぼ

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー30】山形大学 理学部 物理学科2年 佐々木亮太朗
【学生インタビュー30】山形大学 理学部 物理学科2年 佐々木亮太朗
【学生インタビュー7】東北芸術工科大学 建築環境デザイン学科2年 山川大地
【学生インタビュー7】東北芸術工科大学 建築環境デザイン学科2年 山川大地
【学生インタビュー2】東北芸術工科大学 企画構想学科2年 平栗和宗
【学生インタビュー2】東北芸術工科大学 企画構想学科2年 平栗和宗
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ