【単位欲しいガチ勢へ贈る】後悔しない後期履修登録のコツ(芸工大編)

2015.9.21

夏休みももうすぐ終わり! 履修登録が始まります。

そろそろ後期の時間割を考えなくてはなりません。

しかしここで注意。

後期の時間割は、前期と同じテンションで考えると痛い目にあいます。なぜなら山形には「冬がある」からです!

今回は山形の冬を経験した単位欲しいガチ勢の先輩たちに、後期の履修登録をするにあたって知っておいた方がいいこと聞いてきました。

大学までの道のりがやたら険しくなる

ゆき

▼通学方法を考えておく

・今は自転車を使えても、雪が降ったらほぼ使えなくなる。

歩くかスクールバスを使うことになるので、その想定をしておく。

・ちなみに1、2限のスクールバスは混み混みなので注意!

▼たまに車も動けなくなる

・短期間にドカッと大雪になれば、車も使えなくなることがあるので油断してはいけない。

・「こんなに大変なら大学も休校かな!?」と思っても、思ったより休校にはならない。

・車任せに自由過ぎる時間割にすると後で大変なことになる……。

ポイントは「省エネ」

こたつ

▼なるべく教室の移動距離を短くする

・大学に来てからも油断してはいけない。

ちょっとの移動距離も体力を奪うので、教室移動はなるべく短く済むようにする。

▼1日にまとめる

必修と同じ日に他の講義もまとめてとり、それ以外の日は家から出ない!!!

▼1限と6限はとらない

1限は交通マヒやら何やらでリスクが高すぎるのでとらない!

6限は暗くていやなのでとらない。

▼必修をこなす!

興味本位で余計な科目をとらない。28単位すべてとると大変なことになる。

とにかく必修を落とさないことに集中!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

とにかく、「無駄を省き後期を乗り切る」というのが単位欲しいガチ勢の総意のようです。

筆者も1限をとって痛い目を見ているひとりなのでとらないつもりでいましたが、6限をとっても暗くて悲しくなってくるようです……。

何はともあれ単位欲しいですね!!!

これから履修登録をする方は、参考にしてみてはいかがでしょう?

ライター ささぶち

こんな記事もオススメです

【まとめ】先輩おすすめの授業(芸工大&山大)
【まとめ】先輩おすすめの授業(芸工大&山大)
【必見】履修登録のコツって? ( 芸工大編 )
【必見】履修登録のコツって? ( 芸工大編 )
【まとめ】後期からできる大学生向けのバイト
【まとめ】後期からできる大学生向けのバイト
この記事を書いた人
ささぶち
次なる目標はひとりでフェリーに乗ることです。

アクセスランキング

おすすめまとめ