【山形映画情報】山形にいるならこれ見とけ!【フォーラム山形7月〜】

2015.7.16
引用:http://yappe-yamagata.blogspot.jp/2013/01/blog-post.html

「(映画情報は)I’ll be back」
と言うことで7/11からは日本でもファンの多い映画がついに戻ってくるぞ!
夏は娯楽の時期!暑い外に出て遊ぶのもいいが、涼しい映画館で映画を見るのもgoodだ!

ターミネーター:新起動 ジェニシス

”アイツ”が帰って来たぞ!
と言うことで一本目は日本でも大人気のターミネーターシリーズ最新作だ。
アーノルド・シュワルツェネッガーもといシュワちゃんが日本で有名になったのはこの映画によるところが大きいな!(コナンザグレートやコマンドーを上げる人もいるけど)
今回はシリーズ最新作と言うことで4の続きでスカイネットとの戦争を描くと思いきや、1のパラレルワールドと言ったところが大きい。
ストーリーとしては、敵対するスカイネット(ストーリー上人工知能である”ジェネシス”に置き換わっている)が、人類軍の英雄であるコナーを抹殺するため、母親のサラの両親を殺すターミネーターを送り、タイムパラドックスを起こす。しかし送り込んだターミネーターは、サラの両親は殺してしまうものの、サラ自身は殺さず、来るターミネーターの脅威に立ち向かうためにサラを戦士として育てることになった。といった内容だ。

シュワちゃんvs.シュワちゃんだったり、T-1000が出てきたりとターミネーター好きには堪らない。もちろん未来と交錯し、展開もしっかりとSFしている。SF好きにもお勧めできる。
まぁどちらかというとアクションが強かったり、Foooooooooo!!やっぱ白髪が生えてもシュワちゃんは最高だぜ!と言った感じなので娯楽映画としても一級品。友達と見に行くには最高の逸品だ。
悲しいのはこの映画のおかげで3と4が監督のジェームズ・キャメロンにすら無かったことにされてることだけどねー。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ・アッセンブル!!
さてさて、マーベル・シネマティック・ユニバースの最新作が登場。皆『アイアンマンシリーズ』、『インクレディブル・ハルク』、『マイティ・ソーシリーズ』、『キャプテン・アメリカシリーズ』は見たかな?見とくとより楽しめるぞ
今回の『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』は『キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー』からの続きになっている。ファルコンとかウィンターソルジャーがちょこっと出てくるぞ。
内容的には基本的に『アベンジャーズ』見てれば大体理解ができる。今回の物語の発端は『アベンジャーズ』でヒロイン敵役だったロキの杖だ。

ストーリーとしては、ロキの杖に使われていた素材に人工知能があると判明したアイアンマンことトニー・スタークは、これを使って人工知能で世界の平和を維持する「ウルトロン計画」を考案する。が、人工知能が暴走して世界で暴走なんだかかんだか~、して世界に核ミサイルがなんだかかんだか~、と言った感じである。あれ結構ありきたり。
今回のテーマ、と言うかキャッチコピーでも強調してるのは「愛」なのだが、あまり愛はそんなに重要視されてないのが残念なところ。どちらかと言うと大事なテーマは「家族」だ。このテーマを念頭に入れると映画はすんなりと見れるかもしれない。
前作よりアクションはスケールアップ。見どころはハルクとアイアンマンの戦闘シーンだろう。物語的にも重要な位置にあるし、何よりアメコミが好きな筆者としてはハルクバスターが動いているのでもうお腹いっぱい。男の心を持っている人間なら絶対に楽しめる映画だ。

夏は映画のシーズン!特に娯楽映画の最盛期!さぁ見る映画は決まったかい?他の映画はフォーラム山形の公式サイトで要チェックだ!

小幡卓人

ゲームライター
代理で映画系情報サイトに書くこともある
今回はハリウッド系二本!夏だから娯楽映画が多い多い。
ターミネーターは意外とT-1000役がイ・ビョンホンなんだけども結構アジア人もターミネーターに合うといったところが面白い
アベンジャーズの見どころは…
というかアベンジャーズの楽しみ方は、全く馬の合わない出演者たちが集まる特番みたいなヒヤヒヤギャグに笑うところだと思う

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ