【4/13・14公演】新入生歓迎公演「ベター・ハーフ」 劇団めざましどけい@遊学館

2018.4.8

2018年4月13日と14日に山形大学 劇団めざましどけい による公演「ベター・ハーフ」のお知らせです。

恋愛をテーマとした公演の見どころを役者3人に聞いて来ました !

自己紹介

ryugaku農学部 安全農産物生産学コース 2年の佐藤知弥 (さとうともみ) です。私の存在事態がコメディー色強く、一昨年の八峰祭では全身タイツを着てコントをやりました。( 全身タイツって着心地がいいので、もう一度着てなにかしたいです )

ryugaku工学部 建築デザイン学科1年の猿橋徹也 (さるはしてつや) です。実は7人兄弟の長男です。TV番組のビックダディーの取材依頼が来たことがあったのですが、お断りした過去があります。余談ですが、同じ学年に大家族の友人がおりビックダディーの取材を受けていました( 笑 )

ryugaku理学部 理学科1年の佐藤颯人 (さとうはやと) です。あだ名はメガです。演劇経験はなく、興味もなかったんです。実はなりゆきでこの劇団に入りまして、辞める気もあったのですが、一度公演をしてみたらどハマりしました。

あらすじ

始まりは、嘘と誤解だった。

PR会社に勤める諏訪は、上司の沖村から「自分の代わりにネットで知り合った女性とデートしてきて欲しい」と頼まれる。

断る諏訪に「お前の写真を俺だと言って送っておいたから」と強引に行かせる沖村。

しかし諏訪を待っていたのは同じく身代わりのデートに来た遥香だった。彼女もまた、トランスジェンダーの友人から身代わりを頼まれていたのだ。

こうして若い男女と、中年の男とトランスジェンダーの女性の4人が繰り広げる恋愛物語が始まった。

新入生歓迎公演のみどころは ?

ryugakuこの劇は社会人4人の恋愛物語です。特に仕事と恋愛の両立の難しさは劇を見ていただくとわかると思います。学生でも部活や勉強との両立は難しいですよね ? そんな経験のある人は共感できる内容だと思います。

ryugakuラブストーリーとコメディー両方を楽しむことができると思います ! また、愛と好きは何が違うのか。脚本で描かれているので、興味のある方は楽しめますよ !

ryugaku今回の内容は短い時間で好きになってドタバタ展開・・・。というわけではありません。長い時間を描いている劇です。時を重ねると人間関係はどう変化するのか、終始飽きることはないと思いますよ !

意気込みを教えてください !

ryugaku僕は40台のおっさんの役です (笑) 。このおっさんは恋愛にガツガツで女好き。だけどモテない・・・。僕の年齢からかけ離れている役ですが、おっさん感を出すように日常生活でも意識しています ! 「笑えてかっこいい」を目指します !

ryugaku遥香という女の子を演じます。ただ、私自身がコメディーキャラなので役作りに戸惑っています。当日は普段のノリを隠しつつ、面白い場面では全力で笑わせにいきます !

ryugaku今回は役者と演出の掛け持ちです。演出は全体を客観的に見ることが求められるのですが、どうしても自分の役「おっさんの部下」に肩入れしてしまいます (笑) 29歳の役ですが、全力でやりきりたいと思います !

どんな人に来てほしいですか ?

ぜひ、新入生に来て欲しいです ! ( 新入生は無料! )

恋愛もので笑えるので友達同士でも、恋人同士でも楽しめると思いますよ !

ただ、放送禁止用語が度々でてくるので、15歳以下の方はNGです (笑)

詳細

日時

・2018/4/13(金) 18:00〜
・2018/4/14(土) 13:00〜
・2018/4/14(土) 18:00〜

場所

遊学館2Fホール

料金

前売り400円/当日500円 (新入生無料)

チケットお求め先

・八文字屋POOL
・山形中央プレイガイド
・山形大学生協カウンター

お問い合わせ先

gkidanmezamashi@yahoo.co.jp

リンク

公式ホームページ

公式Twitter

この記事を書いた人
まっちんぐゆーいち
写真撮影ならお任せ!

アクセスランキング

おすすめまとめ