【リポート】理学部で開催された七夕のイベント 「ゆかたで天文台」に行ってきました

2016.7.5

2016年7月2日(土)、山形大学小白川キャンパス理学部棟で、浴衣を着て七夕を楽しむイベント、「ゆかたで天文台」が開かれました。

このイベントは 小さな天文学者の会 TWOS の学生スタッフが主体となって運営していて、学生がブースを出すようになって3年目の新しいイベントだそうです。

今回は、そんなロマンチックなイベントに取材に行ってきました。当日の様子を、写真とともにお伝えします !

7/2(土) 20時 理学部インフォメーションセンター前にて

160705_yukatadetenmondai2

▲ いつもとは違う雰囲気の理学部棟前。浴衣の学生が七夕飾りに短冊をくくりつける姿が絵になります。

160705_yukatadetenmondai13

▲ 小さな天文学者の会に所属する学生スタッフも、ばっちりと浴衣を着こなしています。

160705_yukatadetenmondai1

▲ こちらは受付をしていた3人。筆者も浴衣を着てくればよかった… !

奥の教室のブースの様子

160705_yukatadetenmondai3

▲ こちらは、宇宙がテーマのすごろく。コマが星だったりサイコロが星形だったりと、細部にもこだわりが。

160705_yukatadetenmondai4

▲ 地球儀や月球儀、火星儀などがペーパークラフトで作れるコーナー。私も欲しいです。

160705_yukatadetenmondai9

▲ こちらが火星儀。「オリンポス山ってどこだったかな〜」と思った時も一発で調べることができて便利ですね。

160705_yukatadetenmondai5

▲ 七夕っぽい折り紙が折れるコーナー。子どもたちに大人気のブースでした。

160705_yukatadetenmondai8

▲ お手本として、たくさんの折り紙が机の上に置いてありました。教室の壁にも貼られていて、いい味だしてます。

160705_yukatadetenmondai7

▲ こちらは、ジェスチャーでどの星座をあらわしているか当てるゲーム。スケールがデカい !

160705_yukatadetenmondai6

▲ 参加者のジェスチャーの表現力が豊かで、会場はとても盛り上がっていました。

160705_yukatadetenmondai11

▲ こちらは、毎月サイタセンターで行われている4次元宇宙シアターの七夕版。寝っ転がって星が見れちゃいます。

160705_yukatadetenmondai10

▲ もちろん上映スタッフもみなさん浴衣姿。いつもと違う雰囲気でワクワクしますね。

160705_yukatadetenmondai14

▲ この日の最終上映だけあって、取材時は多くの人がシアターを見に集まっていました。

「浴衣で天文台」学生スタッフのお話

160705_yukatadetenmondai12

今日はあいにくの天気で、天文台でみなさんに星を見ていただくことはできませんでしたが、ブースの企画で多くの人に楽しんでもらえたのでよかったです。

小さな天文学者の会では、これからも4次元宇宙シアターや蔵王山で星を見る企画など、いろいろなイベントをしていきます。

ゆかたで天文台を楽しんでくださった方も、そうでない方も、興味が湧いた方はぜひ参加してくださいね !

——取材に協力してくださったみなさん、ありがとうございました !

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー10】小さな天文学者の会 ( TWOS )
【学生団体インタビュー10】小さな天文学者の会 ( TWOS )
【学生インタビュー118】東北芸術工科大学 デザイン工学部 映像学科4年 清水玲奈
【学生インタビュー118】東北芸術工科大学 デザイン工学部 映像学科4年 清水玲奈
【ゆる~く調査40】芸工大生に聞いた、憧れの告白シチュエーション
【ゆる~く調査40】芸工大生に聞いた、憧れの告白シチュエーション
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ