【リポート】レッドブル飲み放題 ! RedBull Can You Make It? 日本代表 HAPPIES 報告会に行ってきた

2016.5.30

これまでにナツクサでは、お金なし、インターネットなし、レッドブルの物々交換のみでヨーロッパを旅するイベント、「RedBull Can You Make It?」の日本代表に選ばれた山形大学の3人からなるチーム「HAPPIES」を何度か取り上げてきました。

【学生インタビュー84】山形大学 工学部 応用生命システム工学科3年 柴田英徳
【学生インタビュー84】山形大学 工学部 応用生命システム工学科3年 柴田英徳
【学生インタビュー85】山形大学 工学部 物質化学工学科3年 會田祥貴
【学生インタビュー85】山形大学 工学部 物質化学工学科3年 會田祥貴
【学生団体インタビュー29】レッドブル主催 国際イベント 日本代表チーム HAPPIES
【学生団体インタビュー29】レッドブル主催 国際イベント 日本代表チーム HAPPIES

今回は、その報告会があったので写真付きでリポートします !

18:00にイベントが開始。

場所は、山形市民会館 小ホール。山形駅から徒歩8分ほどの場所にあり、筆者は米沢から電車で向かいました。

160529_redbull11

会場には、レッドブルやレッドブルを使用したカクテルを提供してくれるカウンターが。この日は気温が上がったこともあり、氷を入れてキンキンに冷やしたレッドブルが最高に美味しく感じました。

160529_redbull12

会場には、イベント開始時から多くの人で賑わっていました。みなさんリラックスした雰囲気で、このイベントの趣旨や旅の様子を収めた動画を見ていました。

160529_redbull2

こちらが、今回ヨーロッパをレッドブルだけで旅してきた3人組。

160529_redbull3

司会進行はウガンダさん。FMラジオモンスターで毎週水曜19:00~「ウガンダのそうおっしゃるラジオ」でMCをしている方です。

今回、HAPPIESをラジオで取り上げた縁で、このイベントの司会をやることになったそうです。

160529_redbull4

思い出話や裏話がオープニングトークから炸裂し、和やかな雰囲気で報告会は進行していきます。

日本での予選、そして世界中の学生と競った本戦…

160529_redbull8

世界中から若者たちが集まり、美しいヨーロッパの景色や文化、刺激的な体験をSNSでシェアするこのイベント。

楽しそうな雰囲気が動画や写真が伝わってきて、会場にいる私たちもワクワクしてきます。

160529_redbull9

面白かった国やひととのふれあいの思い出など、動画だけでは語りきれない内容をトークセッションで振り返ります。

160529_redbull10

学生たちもレッドブル片手に、ステージに注目しています。

休憩時間には、美味しい食事も… !

160529_redbull13

会場には、山形大学小白川キャンパスのすぐ近くにある居酒屋、「たいかよしんど」さんの姿も。

山大生御用達のこのお店の店長さんが HAPPIES の応援をしていて、報告会にも駆けつけてくださたのでした。

160529_redbull14

からあげは、しっかりと醤油ベースの下味がついていて美味しかったです。ニンニクの香ばしい香りが食欲をそそりますね。

160529_redbull15

ちゃんこ鍋は野菜たっぷりで申し分ないボリューム。こちらもニンニクとしょうがのスパイスがきいていて、塩味のあっさりめの味付けとあいまってどんどん箸が進みました。

160529_redbull16

休憩時間のひとコマ。レッドブル片手にちゃんこ鍋をつついて、みなさん大満足のご様子です。

続いて、質疑応答コーナー

160529_redbull18

次は、会場からの質問タイム。米沢からレッドブルを飲みに来たという彼からは、「海外に興味あるけど、自分はそんなに英語得意じゃないので、どーしたらいいですか?」というクエスチョン。

160529_redbull19

そのほかにも、会場からはさまざまな質問が投げかけられ、3人がそれに答えていきました。ちなみに、さっきの質問の答えは、「言葉じゃなくてもジェスチャーとかでも気持ち伝わる!要は気持ち!」とのことです。

スペシャルサンクス

HAPPIESの3人の戦いを取材し、応援の輪を広げた人たちをこの場で紹介。

YUM ! 山形大学マガジン

160529_redbull21

山形大学学生広報部である YUM ! 山形大学マガジン では、事前の日本代表を選ぶ投票の呼びかけと、帰国後のインタビューをおこなっています。

帰国後の取材記事では面白かったことや辛かったことなどを3人に直撃しているので、ぜひ読んでみてください !

RED BULL CAN YOU MAKE IT?に参加した山形大学生へのインタビュー |YUM! 山形大学マガジン

山形大学フリーペーパーサークル Y-ai!

160529_redbull22

フリーペーパーサークル Y-ai! では、誌面にて チームHAPPIES の特集記事を組んだそうです。今日の報告会の様子も、Y-ai! の次の号に掲載される予定とのこと !

写真サークル TAKE!

160529_redbull23

米沢を中心に活躍する写真サークル TAKE! のみなさんは、会場撮影を担当していました。natukusa で学生団体インタビューをさせていただくことになったので、続報をお待ちください !

河北新報社さん

160529_redbull24

HAPPIESの活動は、県境をこえて河北新報社さんにも取り上げられたそうです。河北新報が気になる方は、山大の図書館でも読むことができますよ !

natukusa

160529_redbull39

(※画面左。写真は TAKE! さんから頂きました。)

これからも学生目線で、面白い団体や個人、イベントをどんどん紹介していきますので、みなさん今後ともよろしくお願いします。

フリータイム

160529_redbull25

HAPPIESのメンバーが、会場の学生とフリートーク。

160529_redbull26

無事に帰還したメンバーを祝しての記念撮影。みなさん、本当に楽しそうでした。

160529_redbull28

会場には、旅の途中で撮影された写真を見ることができるコーナーが。

160529_redbull34

HAPPIESといえば、日の丸の寄せ書き。みなさん、思い思いのメッセージを書き込んでいました。

160529_redbull35

今回のイベントを企画してくださった、レッドブルの中の人。どの味も美味しかったです !

豪華賞品あり クイズコーナー

160529_redbull29

最後のプログラムとして、豪華賞品をかけたクイズゲームが行われました。旅の途中の出来事に関する2択クイズで、会場の左右に分かれて最後まで連続正解できた人が優勝です。

160529_redbull30

真剣に選択肢を選びます。時間ギリギリまで、真ん中の赤い線を行き来する人も。

160529_redbull31

連続正解者がどんどん少なくなっていき、会場のテンションは最高潮に。

160529_redbull33

優勝者には、特製のバッグが贈呈されました。おめでとうございます !

最後に、全員で記念撮影

160530_redbull

(写真は TAKE! の方のご提供)

HAPPIESのみなさん、取材に協力してくださった会場のみなさん、取材許可を出してくださったレッドブル社のみなさん、ありがとうございました !

関連リンク

旅の様子は、こちらのURLから見ることができます

https://www.redbullcanyoumakeit.com/ja/teams/543/

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー84】山形大学 工学部 応用生命システム工学科3年 柴田英徳
【学生インタビュー84】山形大学 工学部 応用生命システム工学科3年 柴田英徳
【学生インタビュー85】山形大学 工学部 物質化学工学科3年 會田祥貴
【学生インタビュー85】山形大学 工学部 物質化学工学科3年 會田祥貴
【学生団体インタビュー29】レッドブル主催 国際イベント 日本代表チーム HAPPIES
【学生団体インタビュー29】レッドブル主催 国際イベント 日本代表チーム HAPPIES

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ