【まとめ】ついにシーズン到来! 山形の若者におすすめのスキー場 5選

2016.1.11

いままで、珍しく雪のない冬が続いていましたが、最近ようやく雪が降ってきましたね。

雪不足だった県内のスキー場でも、通常通りの営業が始まったようです。

待ちに待った、ウィンタースポーツのシーズンの到来! この季節を心待ちにしていたという学生も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、若者におすすめの県内のスキー場を、山形市、米沢市を中心に紹介したいと思います。

では、どうぞ!

※情報は記事公開時点のものです。最新の情報は記事のおわりにある参考サイトよりご確認ください。

蔵王温泉スキー場

スクリーンショット 2016-01-10 22.35.08

※画像は http://www.zao-ski.or.jp/ より引用

▼概要

蔵王温泉スキー場を語らずして山形は語れない。樹氷を見ることが出来るスキー場は世界的にも珍しく、海外からも多くの人がウィンタースポーツを楽しむ目的でこの場を訪れる。

スキー場の規模も日本最大級で、一日ですべてのコースを滑ることはほとんど不可能。41本のリフト・ゴンドラ、26のコースがあり、最大滑走距離は9000m。

▼リフト券

一日券 5,000円

一日券 団体学生 4,000円 (20名以上)

※キーカード預り金として500円(カード返却で戻ってきます)が必要です。

※12/21~3/20まで(レギュラーシーズン)の料金です。

▼アクセス

山交バス 山形駅発 蔵王温泉バスターミナル行

約40分 片道 1,000円

▼レビュー

国内最大級のスキー場・積雪情報サイト ‐ SURF&SNOWによると、蔵王温泉スキー場は、「一度は行ってみたい憧れのスキー場は?ランキング」第二位。コースの充実度はもちろんのこと、樹氷や温泉街などここにしか無い魅力がたくさんあるスキー場です。

料金はやや高めですが、それに見合うだけの満足感は得られるハズ。バス代が往復2,000円と割高なので、車を持っている友達とガソリン代を割り勘したり、レンタカーを使用した方が一人あたりの値段を抑えられるかもしれません(ただし土日祝は駐車料金が1日1,000円かかる)。

ちなみに、山形大学生は蔵王山寮に格安で泊まることができるので、サークルやグループでスキー合宿を検討してもいいかもしれませんね。

筆者も行ったことがあるのですが、ゲレンデが広すぎて移動に苦労した思い出があります。何回かスキー・スノボの経験を積んでからいくとより一層楽しめるのではないでしょうか。

米沢スキー場

course-img_w930

※画像は http://www.yonezawa-ski.co.jp/course.html より引用

▼概要

米沢駅から約10kmと、米沢市で暮らす学生にとっては交通の便がとても良いスキー場。

国道13号線に面しているので、車でのアクセスが抜群に良いのはもちろんのこと、片道300円の市民バスが1日5往復程度している。

シーズン中は全日ナイター営業をしているので、学校が終わった後にひと滑り、なんてこともできる。ただし、終バスが16:40発なので、この場合は車が必須。

▼リフト券

一日券 大学生 3,300円

ナイター券 大学生 2,100円

▼アクセス

市民バス 片道300円

国道13号線 福島方面 米沢市中心部から約11km

(土日祝は駐車場台700円。無料駐車場もアリ)

▼レビュー

アクセスが良く、値段もリーズナブル。コースもそこまで難しいものは無いので、初心者や中級者の練習に最適なスキー場です。

筆者は行ったことがないのですが、筆者のまわりの友達には米沢スキー場に通ってボードの練習をしているという人もいました。

米沢に住んでいる人、米沢の友達と一緒にスキー場に行こうと思っている人には、イチオシのスキー場です。

天元台高原スキー場

map

※画像は http://www.tengendai.jp/winter/gerende.html より引用

▼概要

標高の高さや気温の低さ、降雪量の多さなどにより、本州屈指のパウダースノーが楽しめるスキー場として有名。

バランスの良いコース配置や、スノーボーダーが楽しめるアトラクション(テーブルトップ・ウェーブなど)にも定評がある。最長滑走距離は6000m。

積雪量が多いので、例年は11月〜5月まで滑ることが出来る。

▼リフト券

1日券 学生 3,700円

▼アクセス

山交バス米沢駅発 湯元駅前着(ロープウェイ駅)

※ここから天元台高原駅までロープウェイ

※駐車場は終日無料

▼レビュー

米沢市中心部から20kmほど南、ふもとに白布温泉があるスキー場。なんといっても降雪が早く積雪量が多いのが特徴で、全国的に雪不足になっている2015〜2016シーズンは、コアなファンが全国から集まっているらしい。

標高が高いので、雪質がいいのはもちろんのこと、ゲレンデからの景色も最高。いろいろなスキー場を楽しみたいという人、雪質にこだわってみたいという人は一度足を運んでみては?

蔵王ライザワールドスキー場

gerende course guide2

※画像は http://www.zaoliza.co.jp/winter/gelande/g_guide.html より引用

▼概要

蔵王温泉スキー場の南にあるスキー場。縦長にシンプルに配置されたコースが6コースある。

頂上付近では樹氷を見ることができる。近くに温泉街などは無く、コースも数時間ですべて滑ることが出来る規模なので、日帰りでの利用がおすすめ。

「雪マジ19」が利用できる山形市近郊では唯一のスキー場で、1日券が1,600円になる、ライザ19、ライザ20、ライザ21、ライザ22という独自の大学生・若者向けサービスも行っている。

▼リフト券

大人 一日券 3,700円

1993/4/2〜1997/4/1 生まれの人 一日券 1,600円

平日リフト券無料 (雪マジ19 利用時)

▼アクセス

かみのやま温泉駅から無料シャトルバスで約50分 (シャトル1日2往復)

▼レビュー

規模は小さいですが、値段の安さでは県下トップクラス。「雪マジ19」に登録すると2015年度に大学1年生の世代のリフト券が無料になるのはもちろんのこと、2年生、3年生、4年生の世代でも1,600円で一日券が買えるというのは、お金に余裕がない大学生の強い味方でしょう。

ちなみに、筆者が大学1年生の時に、「雪マジ19つかってスキー行こうぜ!」と友達を誘ったら、「実は俺、いままで黙ってたけど、浪人してたんだ…」と告白されて気まずい空気が流れたことがあります。今では笑い話です。

黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル

gelande_map

画像は http://jxj.co.jp/today/ より引用

▼概要

「ジャングル・ジャングル」の名前の通り、自然の中でスキー・スノボーができる。コースの中にはジャンプ台やコブなどが設置されており、バラエティに富んだ滑りを楽しむことも可能。

この規模のスキー場にしてはリフト券が安く、駐車場も無料。コスパがいいスキー場といえる。

また、Webサイトが見やすく、SNSでの情報発信も盛ん。ネットで情報収集する若者に優しい。

【Facebookページ】https://www.facebook.com/jangle.jungle

▼リフト券

一日券 学生 3,400円

▼アクセス

さくらんぼ東根駅から無料シャトルバスで30分 (土日祝のみ)

車の場合は、山形北I.Cから約40分。駐車場無料

▼レビュー

開業からそれほど時間が経っていないためか、施設や設備が新しく、きれいな内装や快適なリフトが魅力的です。また、様々な種類のアイテムが設置されていて、何度滑っても楽しめる設計になっています。

Facebookでの積極的な情報発信もあいまって、若者から絶大な支持を得ているこのスキー場。仙台からやってくるスキーヤー・スノーボーダーも多いそうです。

これだけの充実度にもかかわらず、値段もなかなかリーズナブル。休日にはさくらんぼ東根駅から無料のシャトルバスも出ているということで、車が無い市内在住の学生にもオススメです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

筆者もいろいろなスキー場を調べているうちに、ひと滑りしたくなってきました。

暖冬で開業が遅れているスキー場や、まだ一部滑れないコースがあるスキー場があるようですので、遊びに行く直前の情報収集は欠かさないようにしましょう。

ぜひ、友達同士やサークルでスキーに行く時の参考にしてみてください!

ライター : たーかぎー

参考サイト

山形蔵王温泉スキー場ガイド

米沢スキー場 公式サイト

天元台高原 公式サイト

蔵王ライザワールドスキー場 公式サイト

黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル 公式サイト

スキー|米沢観光NAVI

国内最大級のスキー場・積雪情報サイト ‐ SURF&SNOW

こんな記事もオススメです

【誰トク情報2】冬の山形遊び場ガイド15選
【誰トク情報2】冬の山形遊び場ガイド15選
【まとめ】山大・芸工大から近いカラオケボックス一覧 (2017年度版)
【まとめ】山大・芸工大から近いカラオケボックス一覧 (2017年度版)
【まとめ】冬休みの散財に備える! natukusaで公開中のバイト情報
【まとめ】冬休みの散財に備える! natukusaで公開中のバイト情報
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ