一人暮らしの大学生のための、熱中症対策のキホン

2015.7.28

毎日暑い日が続いていますね。

それもそのはず。今年の夏は全国的に暑くなる予報で、山形でも40度近い気温になる可能性が。

こんな時に気をつけたいのが、熱中症や日射病。

海や山に遊びに行く時はもちろん、部屋で過ごしていても危ないこともあるので、傾向と対策をまとめてみました。

水分+ミネラルを補給

一定以上の汗をかくと、ミネラルや水分が不足し、これ以上汗をかけなくなって体温が上昇します。

そうして体温のコントロールができなくなると、意識が朦朧として、最悪の場合死に至るというわけです。

これを防ぐために、汗として排出された水分やミネラルを補給する必要があります。

簡単に補給できるのは?

個人的にオススメするのはスイカです。

塩をふって食べると、糖分をとりすぎない範囲で、十分な量の水分と塩分をとることができます。

この時期は尾花沢スイカがスーパーにならぶので、みなさんも食べてみてはいかがでしょうか?

熱中症になったら

意識が朦朧としたり、こむらがえりを起こしたりすると熱中症の初期症状の合図です。

こんな時は、涼しく風通しのよい場所に移動して、水分をとりながら身体を冷やしましょう。

首筋や脇の下、内股などが動脈に近いので、そこに氷をあてるといいです。

熱中症を避けるには

理想は、汗をかく前にコップ1杯程度のスポーツドリンクを飲むことです。汗をかいてから水をがぶ飲みすると、体内の塩分濃度が急激にさがって逆に危ないです。

部屋の中でも水分は失われるので、適宜エアコンや扇風機を使って室内温度が高くならないようにするの効果的ですね。

まとめ

夏は楽しいことがいっぱいですが、はしゃぎすぎて倒れてしまったら元も子もありません( 経験談 )。一人暮らしの人もそうでない人も、自分の体調をしっかりと管理する意識をもちましょう!( 戒め )

ライター: 山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ