【シリーズ】大学生、自動車を買う【第2回】

2015.5.21

【シリーズ】大学生、自動車を買う【第1回】

の続きです。

第一回では、車の購入検討から、オークションの落札までを行いました。

今回は、車が届くまでの間に、

・軽自動車検査協会に行く

・車の所有者の名義の変更

・それに伴うナンバープレートの変更

をしたいと思います。

軽自動車検査協会に行く

庄内以外の山形県に住民票がある人は、山形市の北端くらいにある軽自動車検査協会に行きます。

スクリーンショット 2015-05-22 0.19.53

13号を北上するといけるみたいですね。

歩いて行くにはちょっと遠いので、今回は電車を使います。

IMG_0810

毎度おなじみ、奥羽本線新庄行き。

今回は漆山駅まで。

所要時間は11分、料金は200円です。

IMG_0813

あっという間に駅に到着。モダンでありながら自然に溶け込む、おしゃれな駅舎です。

IMG_0814

駅から協会までは3kmほどです。

美容と健康のためと思って歩きます。

車が届くと、ちょっとした距離も歩きたくなくなりそうで怖いです。

IMG_0806

途中に案内標識がたくさんあったので、すんなりと到着。

IMG_0820 IMG_0822

中はこんなかんじ。受付の方がとても丁寧に案内してくれたので、初めてでも安心でした。

所有者の名義変更

用意する書類は、

・新使用者の印鑑

・新旧所有者の印鑑

・自動車検査証(車検証)

・使用者の住所を証する書面

・自動車損害賠償責任保険証明書 または 自動車損害賠償責任共済証明書

・ナンバープレート

です。

※ソースは軽自動車検査協会公式サイト

http://www.keikenkyo.or.jp/procedures/procedures_000016.html
このあたりは「ただし〇〇の場合は…」というのが多いので、私の事例を参考にするよりは、よくネットで調べてみるか、軽自動車検査協会に直接電話してみましょう。

軽自動車の名義変更は、車が手元に無くてもできます。

私の場合は、前の所有者からナンバープレートだけ郵送してもらいました。

職員さんの指示に従って書類を記入します。

IMG_0816

意外と記入量が多くて大変です。

無事書類は受理され、名義変更を済ませることができました。

ナンバープレートの変更

山形に住んでいる人は、基本的に山形ナンバーになります。

山形ナンバーの住所の人から山形ナンバーの住所の人に名義変更する場合は、ナンバープレートはそのままでも大丈夫ですが、管轄をまたいでいる場合は絶対に変更しなければいけません。

古いナンバープレートを返納して、新しいナンバープレートを購入しましょう。

ちなみに、ネットで事前に希望ナンバーを申請しておくと、数日後からその番号のプレートを受け取ることができます。

https://www.kibou-number.jp/html/GCBA0001.html

数字を指定しない場合は予約なしで即受け取れますし、ナンバープレート代も1000円と安いので、私は特に指定はしませんでした。( 希望ナンバーは4000円以上します )

IMG_0837

|д゚)チラッ

ナンバープレートも無事ゲットできました。

さいごに

帰宅しようと交通機関を調べてみると、

IMG_0322

あれ、これ仙山線のほうが近い…!

ダイヤの関係もあるので一概には言えませんが、

みなさんは、仙山線もちゃんと選択肢にいれてくださいね!

関連記事

【シリーズ】大学生、自動車を買う【第1回】

【シリーズ】大学生、自動車を買う【第2回】( この記事 )

【シリーズ】大学生、自動車を買う【第3回】

【シリーズ】大学生、自動車を買う【第4回】

【シリーズ】大学生、自動車を買う【第5回】 

ライター: 山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ