【まとめ】帰省を安く済ませる交通手段まとめ

2016.8.2

いよいよ夏休み。授業が終わったらすぐ帰省する、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「帰省を安く済ませる交通手段」をまとめてみました。

では、ご覧ください!

その1. 新幹線 + お先にトクだ値 (えきねっと)

151208_daretoku3

これから紹介する選択肢の中で新幹線はいちばん高額ですが、工夫次第で 30% 〜 35% も安く買うことができるのをご存知ですか ?

これは「お先にトクだ値」というJRのサービスで、出発日の1ヶ月前〜13日前午前1時40分までに「えきねっと」できっぷを購入することで、指定席の割引を受けることができるというものです。

https://www.eki-net.com/top/tokudane

お盆は新幹線の乗車率もぐっと上がります。新幹線に乗りたい、けど安く帰省したいという人は一刻も早く予約をした方がいいかもしれません !

希望の日時が無かった場合は、気持ちを切り替えてふつうの学割 (10%引) を使いましょう。

その2. 青春18きっぷ

151208_daretoku4

みなさんご存知、普通・快速が期間中乗り放題なきっぷ。

5回分なんて使えない ! と思う方でも大丈夫。1人で5回使っても、5人で1回使っても同じ11,850円です。

1回あたりなんと2,370円!

山形駅を始発で出たときに当日中に到着できる駅名を調べてみると、およそ

・下北駅(本州最果ての駅)着→18時

・函館駅着→20時

・京都駅着→22時

という結果に。

長時間の移動に耐える体力と暇つぶしの道具が必要ですが、とにかく安いです。

ただし、発売期間と利用期間が決まっていて、使えるのは基本JR線のみ。HPや購入時にもらえる利用上の注意をよく読むのが大切です。

▼「青春18きっぷ 夏」詳細

発売期間:2015.7.1~2015.8.31

利用期間:2015.7.20~2016.9.10

https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2234

その3. フェリー

151208_daretoku6

仙台港から苫小牧線・名古屋線が出ています。期間とフェリーの種類によって代金が異なるので、詳細は公式ページをご覧ください。

併用はできませんが、基本料金から 10% 割引になる学割や、早期予約で 50% 引きになるインターネット予約割もあります。

仙台港からの時刻表は次の通り。

仙台港 19:00 発 → 苫小牧港 翌10:30 着

仙台港 12:50 発 → 名古屋港 翌10:30 着

12時間以上の長旅になりますが、最もグレードの低い2等客室でもマットレスがあるので横になってしっかり眠れます。

さらに船内には、レストランや大浴場のほか、生演奏が聴けるラウンジ、海の上で映画を楽しめるミニシアターなど、施設が充実しているのでとにかく飽きません。

夜風にあたりたいときはデッキに出ることもできます。雨女な筆者は体験したことがありませんが、天気が良ければ、船の上から星空を楽しむこともできるんだとか。

ただ、気象状況によって揺れることも。乗り物に酔いやすい人はあらかじめ酔い止めを飲んでおくといいかもしれませんね。

▼「太平洋フェリー」情報

http://www.taiheiyo-ferry.co.jp

その4. 高速バス・夜行バス

151208_daretoku2

山形からの直通便は仙台・新潟・東京・京都・大阪など。一度東京に出てから、実家のあるところまでの高速バスに乗り換えるという方も多いかもしれませんね。

高速バスは首を守るのが重要です。朝起きてバスから降りたら、「首が動かない ! 」ということがよくあります。そうならないために、ちゃんと対策をしたり首周りの筋肉を鍛えておくといいでしょう。

関連記事はこちらから ↓

安く旅行するなら夜行バス ! 長距離移動を乗り切るオススメアイテム
安く旅行するなら夜行バス ! 長距離移動を乗り切るオススメアイテム

その5. 自動車

151208_daretoku1

自分の車を持っている人のための帰省手段。同郷で車持ちの友達がいる方は、相乗りさせてもらうのも策ですね。

運転中に集中力を保っていられるのは2時間程度と言われているので、友達と交代したり、サービスエリアで休憩がてら観光を楽しみながらドライブをするといいでしょう。

友達の車を借りて運転する場合は、24時間単位の自動車保険に加入しておくと安心です。

▼1DAY保険 – 三井住友海上

http://www.ms-ins.com/personal/car/oneday/

運転に慣れていない人も多いと思いますので、十分注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか ?

ここで紹介した方法は、チケットの入手方法が特殊だったり、移動に時間がかかったりすることが多く、面倒に感じる人もいるかもしれません。

ですが、時間をかけていろいろなことを経験できるのは、大学生である今のうちだけ。この記事をきっかけに、みなさんも新たな一歩を踏み出してみては ?

こんな記事もオススメです

【まとめ】帰省におすすめの山形土産12選
【まとめ】帰省におすすめの山形土産12選
【ゆる~く調査45】「夏休み何する ? 」山大生に予定を聞いてみた。
【ゆる~く調査45】「夏休み何する ? 」山大生に予定を聞いてみた。
電車での時間の過ごし方――気負わずまったり賢くなろう!
電車での時間の過ごし方――気負わずまったり賢くなろう!
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ