【レシピ】家でも作れる! なんちゃって冷たい肉そば

2015.8.2

レシピ記事・山形のソウルフードシリーズ。

今回は冷たい肉そばを作ります。

本来は親鶏(卵を産んだことのある鶏)を使うのですが、私が個人的にやわらかい肉の方が好み、親鶏が手に入りにくいなどの諸事情により若鶏を使います。

親鶏特有の深い旨味は損なわれますが、今回はそれをカバーする秘策も紹介します!

材料

・鶏もも肉

・しょうが

・しょうゆ

・みりん

・そば

・鶏がらスープの素

作り方

150801_nikusoba2

しょうがを切ります。

肉は使う分だけ取り分けましょう。今回は100gほど使用。

150801_nikusoba3

鶏肉をそぎ切りにします。火の通りがバラバラにならないように、できるだけ同じ厚さになるようにしましょう。

フライパンに、めんつゆ(2倍濃縮)・しょうが・みりんを入れます。

150801_nikusoba6

そして、ここで若鶏の旨味の少なさをカバーする調味料の登場。

150801_nikusoba7

そう、旨味が少ないなら、後から補ってしまえばいいじゃない!

なにも自分で出汁をとることにこだわる必要はないんです。

こうすれば、肉そばのつゆの味を楽しみながら、柔らかい肉を食べることができるんです。

150801_nikusoba8

中心まで火が通ったら濡れタオルの上に乗せて粗熱をとりましょう。

150801_nikusoba9

味見をすると、相当しょっぱいと思います。

これは時短のために私が編み出した方法で、この濃さで冷ますことで、急速に肉に味を染みこませることができるんです。

汁が少ないので、冷ますのも楽ですしね。

150801_nikusoba10

粗熱がとれたら、茹でて氷水に通したそばに投入。

最後に冷水で好みの味に薄めれば、冷たい肉そばの完成です!

完成品レビュー

150801_nikusoba11

自画自賛になりますが、この肉そば、超おいしいです。

絶品です。

直前まで濃い味付けを維持しているので、肉にちゃんと味がついていて満足感が段違いです。

また、若鶏を使用しているので肉がとても柔らかい。

それでいて、旨味は鶏がらスープの素で補っているので十分にお店の味に近づいていますね。

思いつきで作ってみたら、お金とれるんじゃないかってレベルの完成度だったので、正直自分でも驚いています。

まとめ

これ、分量きちんと計ってレシピにするんで、だれか文化祭とかで売ってくれないですかね。

超簡単に作れる、超美味しいレシピなので、全山形県民、山形在住者に激しくオススメします!

ライター: 山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ