【まとめ】夏バテに効く手抜き料理&白い粉を一挙紹介!

2015.7.26

疲労回復をしたいのに、おすすめの料理を検索しても出てくるのは面倒で難しいレシピばかり。

結局作る気がおきずにインスタント食品を食べて、さらに夏バテに…

そんなみなさん ( と自分 ) のために、超簡単に作れる夏バテ防止レシピをまとめてみました。

最後には、疲れが吹き飛ぶ魔法の粉の紹介も。

3品続けてどうぞ!

手抜き料理その1 ニンニクのレンチン漬け

ニンニクをレンジでチンして醤油に漬けるだけ。

すぐにでも食べられますが、2週間ほど寝かせると味が馴染んでおいしいです。

冷蔵庫で保存して、清潔なスプーンや取り箸を使えば数ヶ月はもちます。

この際、使用する容器の煮沸消毒を忘れないようにしましょう。

ご飯の上に乗っけるだけで、食欲増進や疲労回復の効果が望めます。

手抜き料理その2 豚キム

豚肉とキムチをフライパンで炒めるだけ。

豚肉が無いときは、キムチだけでも十分なんじゃないでしょうか。

豚肉のビタミンB1が疲労回復に効果があり、唐辛子のカプサイシンが血流を良くします。

胃腸の働きの改善や発汗作用の促進が見込めるので、冷たいものを食べ過ぎたり、冷房に当たりすぎた人におすすめ。

手抜き料理その3 鶏の胸肉ときゅうりのサラダ

胸肉をラップにくるんでレンチンしている間に、きゅうりを細切りにするだけ。

胸肉をほぐして、きゅうりと一緒にドレッシングかなんかでいただきましょう。

胸肉に多く含まれるイミダペプチドは、疲労を蓄積させない効果があります。

そして、きゅうりをはじめとした夏野菜には、体温を下げる働きが。

このレシピは、適度な運動と併せると効果絶大です。

おまけ クエン酸 ( 粉末 )

掃除や洗濯にかぎらず、料理にも使えるクエン酸。

柑橘類や梅干しなどの酸味のもとの成分です。

クエン酸回路をがんがん回して、細胞レベルで元気になりましょう。

どんな料理に使っても柑橘系のさわやかな酸味をプラスできるので、応用範囲は無限大。賞味期限もなくいつでも使えるので、まさに魔法の粉です。

はちみつと水に溶かして飲むのもオススメ。レモンのはちみつ漬けのような疲労回復効果が望めます。

まとめ

暑いし、寝不足だし、最近身体がだるい…

そんな人は、この記事で紹介している料理を作ってみましょう。

たちまち元気になること間違いなしです。

夏の暑さに負けず、手抜き料理ライフを楽しんでくださいね!

ライター: 山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ