【レシピ】栄養満点! ケークサレを作ってみた

2015.6.16

つい最近、炊飯器でケーキを作りました。

リンク:【レシピ】ホットケーキミックスで炊飯器ケーキ

そのときに、炊飯器から取り出したせいか、ご飯が食べたくなったんですね。

野菜やタンパク質が摂取できて、なおかつ美味しいケーキが食べられないものか…

そんな思考に至った時、私は、とあるフランス料理を記憶の中から引っ張りだしました。

それが、「ケークサレ」です。

ケークサレとは?

フランス語でケークサレ、英語ではケーキソルト。

つまり、しょっぱいケーキのことです。

中にカラフルな野菜を入れて、温かいままおかずとしていただく、フランスでポピュラーな、ちょっとオシャレなランチ惣菜なんだとか。

用意するもの

・お好みの野菜

・卵

・ホットケーキミックス

・パルメザンチーズ

・バター

※今回は、コンビニのキャベツと冷凍フライドポテトを使用します。

作り方

まずは、野菜を5mm角に切ります。

丸ごと入れてもいいんですが、火が通るか心配だったので小さめにしてます。

150614_cakesale3

フライドポテトは凍ったままじゃきじゃき切っていきます。

150614_cakesale2

そして、レンジでチン! ※心配しすぎ

150614_cakesale4

野菜をレンジにかけている間に、生地の準備をしてしまいましょう。

ホットケーキミックスを適当に200gくらい入れて、

150614_cakesale5

卵を入れます。今回は贅沢に2つ使ってみました。

150614_cakesale6

レンジから取り出した野菜を入れて、

150614_cakesale7

塩コショウ、

150614_cakesale8

パルメザンチーズを入れます。

150614_cakesale9

粉でだいぶ味が薄まるので、それぞれ、ちょっと入れすぎかな、ってくらい入れるとちょうどいいです。

水で硬さを調整したら、滑らかな口当たりにするためにオリーブオイルを10mlほど足して、

150614_cakesale10

生地は完成です。

前回と同じように、炊飯器にバターを塗って、

150614_cakesale11

生地を流し込んでいきます。

150614_cakesale12

この時点で美味しそうですね。

150614_cakesale13

炊飯器に投入して、

150614_cakesale14

スイッチオン!

炊けるまで40分ほど待ちます。

完成品レビュー

完成品がこちら↓

150614_cakesale15

見た目は申し分なし!

そう、見た目は…!

えーと、詳しく説明します。

生地を混ぜている時から薄々感じていたのですが、具の量が少なかったんですね。

そのくせして卵を多めに使ったので、スポンジが若干固くなってしまいました。

これだと、1切れか2切れ食べるぶんにはいいのですが、ホールはちょっと辛い。

粉を100gに減らして、野菜の量を3〜4倍すればちょうどいい気がします。

味のほうは、まあ、及第点でした。

本来は小麦粉とベーキングパウダーを使うところをホットケーキミックスで代用しているので仕方ない部分もあるのですが、甘みをもう少し抑えたほうがおかずっぽくなりますね。

生地を減らせばもっとふんだんにパルメザンチーズを使える気がするので、今後の検証課題です。

まとめ

相変わらず見た目は綺麗なので、味のクオリティも上げていけばかなりいい線行くレシピな気がします。

レンジで下処理をしなくても火が通ることが確認できれば、混ぜて炊飯器に入れるだけなので簡単ですし。

文句なしのレシピにするべく、明日から納得のいくまでケークサレづくしですね。

毎日同じ料理でも困るのは自分だけ、というのは一人暮らしのいいところだと思います。

自炊派の人は、大学生活4年間のうちにどんどんレパートリーを増やしていっちゃいましょう。

レッツトライ&エラー!!

追記 )

リベンジしました。

【レシピ】ケークサレ・リベンジマッチ

ライター: 山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ