【実験】雑煮にはどんな食材まで入れられるのか試してみた

2016.1.21

あっという間に1月も下旬にさしかかり、山形は雪が降り積もる日が続いていますね。

今回のテーマは「鏡開き」。筆者の地元では、年末についた餅をこの時期に木槌で開いて、雑煮にして食べる風習がありました。

今回は、そんな雑煮の新しい食べ方を研究します!

材料

・餅
・白菜
・ニンジン
・葉ネギ
・めんつゆ

・せんべい
・ふのり
・? ? ?

※記事の後半で紹介します

作り方

160118_zouni9

まずは、筆者の実家での記憶を頼りに、「普通の」雑煮をつくります。

鍋にニンジン、白菜を入れて、めんつゆで味付け。水で戻した餅(今回は市販)を入れてしばらく煮て、餅が柔らかくなれば完成です。

ここから、筆者がナツクサのメンバーにオススメされた材料を加えていきます。

ふのり

160118_zouni10

KKに薦められたのがこちら。実家から送られてきたそうです。闇芋煮の記事でも、見た目のインパクト向上に役立っていましたね。

【実験】芋煮にはどんな食材まで入れられるのか試してみた (闇芋煮)
【実験】芋煮にはどんな食材まで入れられるのか試してみた (闇芋煮)

せんべい

160118_zouni6

八戸出身のまっちんぐゆーいちから、せんべい汁が美味しいと聞いていたので雑煮にも入れてみることに。本当はせんべい汁専用のせんべいがあるのですが、今回は庄内の鏡せんべいで代用します。

雪見だいふく

160118_zouni2

犯人はささぶちです。「丸い餅派」にも配慮できること、新たな地平を開拓できること、などの理由により、雑煮に入れることを決心しました。

調理

160118_zouni11

ふのりを入れて、グツグツ煮込みます。磯のいい香りが醤油の香ばしさとマッチしています。

盛り付け

160118_zouni12

お皿に盛り付けて、ネギとせんべいをセット。せんべいのサクサク感がいいアクセントになりそうですね。

トッピング

160118_zouni13

そして、最後に雪見だいふくをトッピング。「トッピング」という単語がここまで似合う雑煮があるとは、人生は面白い発見の連続です。というか、見た目が思った以上にしっくり来ていて動揺しています。

実食

160118_zouni14

醤油とかつおだし、磯の和風な香りに、ほのかにバニラが加わってなんともいえない雰囲気。砂糖醤油のような甘さを彷彿とさせるので、嫌な感じではありません。

雪見だいふくが溶けないうちに、せんべいと雑煮の相性をチェック。スープに浸っていた部分がほどよくふやけていましたが、サクサクな部分の食感もきちんと楽しめて、なかなか良い感じです。醤油味のせんべいを選んだことも味にまとまりが出ているポイントかもしれません。

最後に、程よく溶けていた雪見だいふくを崩しました。みるみるうちにスープが乳白色に。見た目はまるでシチューです。口に運んでみると、味もシチューに近い。

まとめ

「雪見だいふく」は雑煮にも合う。

地方によって様々な種類があるのも、雑煮の懐の深さがあってこそなのかもしれませんね。

以上、【実験】雑煮にはどんな食材まで入れられるのか試してみた でした!

ライター : たーかぎー

こんな記事もオススメです

【実験】芋煮にはどんな食材まで入れられるのか試してみた (闇芋煮)
【実験】芋煮にはどんな食材まで入れられるのか試してみた (闇芋煮)
【ゆる~く調査9】芸工大生が山大に潜入してみた。~バイキング編~
【ゆる~く調査9】芸工大生が山大に潜入してみた。~バイキング編~
【まとめ】大学生の集合知がここに! ノウハウ系記事まとめ
【まとめ】大学生の集合知がここに! ノウハウ系記事まとめ
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ