【まとめ】山形の冬を乗り切れ! オシャレと防寒を両立させる方法まとめ

2016.11.8

そろそろ冬がやって来ます。朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

「おしゃれは我慢」とよく言いますが、ここ山形においては、我慢していたら命の危険に晒されてしまいます。

今回は、そんな山形の冬を乗り切るために実践している寒さ対策や、冬のおしゃれの楽しみ方を大学生のみなさんに聞いてきました!

寒さに打ち勝つための方法

160127_winter2

「ヒートテック2枚重ね」

この方は、ただでさえ暖かいヒートテックを、贅沢にも2枚重ねにしてしまうそうです。単純計算で2倍暖かいことになりますね。この計算が合っているかは分かりませんが。

「カイロを使う」

手足が冷たくなる末端冷え性の方は、貼らないカイロをポッケに忍ばせたり、足用カイロでつま先を暖めたりするのがいいかもしれません。さらに、上半身全体を暖めたいときは、腰とおなかにはさむようにカイロを貼ると暖かくなるんだとか。

「薄手のダウンをコートの中に着る」

アウターとしても使えるものなので、暖かさ倍増らしいです。

「パンツスタイルの時は下にタイツを履く」

最近は男性・女性問わず防寒にタイツを履くのが定着してきましたね。下半身を温めるのは健康にも良いので、かなりオススメの方法です。

冬ならではのオシャレの楽しみ方

160127_winter1

「靴選びは重要」

2016年1月26日現在、山形市の積雪は30cm。道路は滑るのが当たり前、さらに自分で道を拓かねばならないこともあるでしょう。

そんなときに重要になるのが靴選び。丈とソールはきちんと考えて購入しましょう。ムートンブーツを履きたいときは防水スプレーもマスト!

「コートがすべて」

雪も積もっているので、暖かいコートがコーディネートの主役になりますね。

コートさえ着ていれば、起きてそのまま登校できるので冬はとても助かるという声も聞こえてきました。中はパジャマでも、コートを脱がなければバレませんからね!

「マフラー、耳あて、手袋、帽子など、小物を選ぶのが楽しい」

寒さから身を守る小物も、冬の着こなしを楽しむポイントのひとつ。首や耳が見えているショートカットの方には、マフラー・耳あては超重要なアイテムです。

最近、記事のネタで髪をバッサリ切って、首が凍傷になると嘆くたーかぎーにも教えてあげなくては!

【ゆる~く調査10】芸工大生が山大に潜入してみた。~番外、床屋編~
【ゆる~く調査10】芸工大生が山大に潜入してみた。~番外、床屋編~

※詳しくはこちら

「着慣れたコートをどうすれば飽きずに楽しめるか考える」

主役となるコートは、値が張りますし、毎年買い替えられるものではありません。だからこそ、小物やボトムスで印象を変えるコーディネートを心がける……。奥が深いですね!

まとめ

いかがでしたか?

外に出るのが面倒になりがちな冬ですが、あと2ヶ月もすれば春がやってきます。

冬だからこそ楽しめるおしゃれを、しっかり寒さ対策をしながら楽しみましょう!

ご協力くださったみなさん、ありがとうございました。

ライター : KK

こんな記事もオススメです

【ゆる~く調査10】芸工大生が山大に潜入してみた。~番外、床屋編~
【ゆる~く調査10】芸工大生が山大に潜入してみた。~番外、床屋編~
【まとめ】芸工大生のおしゃれなスナップ写真まとめ (女子編)
【まとめ】芸工大生のおしゃれなスナップ写真まとめ (女子編)
【まとめ】部屋の熱を逃がさないために、いま私達ができる5つの方法
【まとめ】部屋の熱を逃がさないために、いま私達ができる5つの方法
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ