【ゆる~く調査10】芸工大生が山大に潜入してみた。~番外、床屋編~

2016.1.23

先日、人生初の山形大学に潜入してきた筆者です。普段は行かない山大を案内してもらいとても楽しい時間を過ごしましたが、筆者にはひとつだけ心残りがありました。

それが、山大内の床屋さんです。

散策編でも少しだけご紹介しましたね。

【ゆる~く調査6】芸工大生が山大に潜入してみた。~山大散策編~
【ゆる~く調査6】芸工大生が山大に潜入してみた。~山大散策編~

芸工大生にとって、床屋さんが大学内にあるという事実がまずカルチャーショック。

どんな人が利用しているのか、中はどうなっているのかがとても気になるところです。そこで体験談を募集してみましたが、残念ながら一件も送られてこず……。

謎はますます深まるばかりです!

と、いうことで。

山大パート2_1540

再び床屋さんにやってきました。

ちなみこの日はあの記録的な大雪だった月曜日ということで、これから未知の世界に入る緊張と相まって顔が強張りまくっています。

頼み込んだところ、前回も一緒に山大にきてくれたたーかぎー生け贄カットモデルを引き受けてくれました!

ちなみに今、たーかぎー髪の長さがどうなっているのかというと、

山大パート2_60

長い。長期間切っていなかったようです。

これは好都合! 潜入ついでにスッキリさせましょう!

ついに中へ!

山大パート2_797_0

さっそく席に通されるたーかぎー。今回の仕上がりは「おまかせ」と注文しました。中の様子はふつうの床屋さんですね。

外がめちゃくちゃ寒かったということもあり、温かくてほっとする癒しの空間に感じます。

ここが山大だということも忘れてしまいそうです。

山大パート2_236

緊張のあまり顔が大変なことになっているたーかぎー。筆者はうしろで見守ります。

せっかくなので、はさみを入れた瞬間から完成までたーかぎーには目をつぶっていてもらうことになりました。

いったいどんな仕上がりになるのでしょうか!

カットスタート!

山大パート2_660

ついにハサミが入ります。

切られるがままのたーかぎーと……

山大パート2_9018

ニヤけながら見守る筆者。これは楽しみです。

カット中に聞いてみましたが、ここの利用者は圧倒的に男性が多いようです。

山大パート2_2857

だんだん長さが決まっていきます。

にしても髪が長い!すでに女の子並の毛量が床に落ちています。

山大パート2_8737

仕上げの段階で、「頭が寒い!」「髪がない!」と叫ぶたーかぎー。

このまで来ると、目をつぶっていても毛量が少なくなっているのが分かるようです。

山大パート2_7650

そしてこの顔です。もうっちょっとだよ頑張って!

完成です!

20分ほどでカット完了!

ついにたーかぎーが目を開け、劇的に変貌を遂げた自身の姿と邂逅します。

山大パート2_2858

ドキドキ……

山大パート2_5674

ハッ

山大パート2_4367

おおお~!

ということで、こんな感じになりました。

~Before~

山大パート2_9080 山大パート2_8204

~After~

山大パート2_5319 山大パート2_1023

耳や首周りがとってもすっきり! 就活もバッチリな爽やかな好青年に生まれ変わりました!

カット料は2100円。みなさんも、機会があればぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

さいごに

山大パート2_523

店主の佐藤大さんいわく、「空いた時間にパパッと髪を切れるので、気軽にお越しください」とのこと。

大学内にいろいろな施設があると、スキマ時間が有効活用できてとても便利ですね!

今回ますます山大に感動した筆者でした。

おまけ

山大パート2_5335

店主さんのご厚意により、顔そりもしていただいたたーかぎー。癒しの時間です。

山大パート2_7659

何となくイケメンになった感じがします。

160123_takagi_memory

ロン毛のたーかぎーは、もうこの世界にはいない……(合掌

takagi

「最近、友達に話しかけても誰こいつ? という目で見られて悲しい」そうです(本人談)。みなさん、「新生たーかぎー」のことををどうぞよろしくお願いします。

ライター : ささぶち

こんな記事もオススメです

【ゆる~く調査6】芸工大生が山大に潜入してみた。~山大散策編~
【ゆる~く調査6】芸工大生が山大に潜入してみた。~山大散策編~
【ゆる~く調査9】芸工大生が山大に潜入してみた。~バイキング編~
【ゆる~く調査9】芸工大生が山大に潜入してみた。~バイキング編~
【山大ぼっち飯】防寒必須! 雪中のぼっち飯スポット一覧
【山大ぼっち飯】防寒必須! 雪中のぼっち飯スポット一覧

この記事を書いた人
ささぶち
次なる目標はひとりでフェリーに乗ることです。

アクセスランキング

おすすめまとめ